フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

銀行フリーローンはおまとめローンに使える!カードローン活用のローン一本化も

      2017/05/11

銀行フリーローンはおまとめローンに使えるところも多い

銀行のフリーローンはその名の通り、借りたお金を何に使っても自由なローンです。
何に使っても自由なローンですので、おまとめにも使用することができる商品がとても多くなっています。

フリーローンには2種類ある

フリーローンとは何にお金を使っても自由なのですが、融資金額が一括で振り込まれ、その後は毎月返済していくだけという証書貸付タイプのローンになります。

最初に「いくらまで借りることができる」という枠だけを作成して、その後は枠の範囲内でお金が必要なときに必要な分だけ適宜ATMなどからキャッシングを行うカードローンとは借り方が根本的に異なるローンです。

同じ名前のフリーローンでも商品内容が2種類あります。商品内容によってはおまとめには使用できない場合もありますので、注意しましょう。

目的自由なローン

借りたお金の使い道が限定されているフリーローンは、申込時に使い道を申告しなければなりませんが、こちらの目的自由なフリーローンでは申込時に使い道に関する見積書も必要ありませんし、融資後に本当にその使い道にお金を使ったどうかの確認も必要ありません。

このため、申込時に申告した使い道以外に借りたお金を使っても、使わなくても、返済がしっかりと履行されている限りにおいては、特に問題ありません。

銀行も「実際には他の使い道に使うだろう」という目線で審査をおこなっていますので、金利はカードローン並みの高金利となっています。

何に使っても自由ですので、もちろんおまとめにも使用することができます。

目的限定のローン(目的別フリーローン)

上記の完全自由なフリーローンと異なり、こちらの目的別フリーローンは申込時に申告した使い道にしか使用することができません。そのため、申込時には見積書などの資金使途確認資料の提出が必要になりますし、資金使途も審査材料となります。

また、融資実行後には本当にその使途にお金を使ったかどうかの確認を領収書の提出などによって行います。

こちらのフリーローンは申込時に申告した使途にしかお金を使うことができません。

銀行にとっては何に使っても自由なローンと、特定の使途にしか使用することができないローンでは、特定の使途に使用するローンのほうが返済に対するリスクが低いと言えます。

このため、目的限定のフリーローンのほうが目的自由なローンやカードローンと比べて金利は低くなっています。

なお、目的限定のフリーローンはおまとめには使用できないという商品の場合もありますし、おまとめも資金使途として認めてくれる場合もあります。

目的限定の目的別フリーローンをおまとめとして使用するときは、おまとめを使途とて認めてくれるかどうかの確認を事前に行うことを徹底しましょう。

目的限定のフリーローンをおまとめに限定したものがおまとめローン

銀行各社は、目的限定のフリーローンで結婚資金に限定したものがブライダルローン、車に限定したものがカーローン、教育資金に限定したものが教育ローンというように商品設計を行っているところが少なくありません。

特定の目的に合わせてリスクを勘案して金利の設定が分かれている場合も多くあります。このような視点から、お金の使い道をおまとめに限定したフリーローンがおまとめローンとなっています。

おまとめローンは自動車ローンや教育ローンなおどのように公共性の高い使い道専用のローンよりも金利は高いですが、使い道完全自由なフリーローンと比べて金利が低くなっています。

 

銀行フリーローンでおまとめするメリット

銀行フリーローンでおまとめを行うメリットとして以下の4点を挙げることができます。

金利と返済額が低減

複数の債務を1本化すると、当然ながらおまとめ後の金額が大きくなります。数十万円の借入をカードローンで行うと、銀行では14%程度、消費者金融では18%となることがほとんどです。

これを1本にまとめると、おまとめ後の金利は上記金利よりは低くなることが一般的です。

複数の金利の高い債務を1本にまとめることによって金利が低減し、利息負担が軽くなるというのがおまとめのメリットの1つです。

また、カードローンは1本につき1万円とか2万円とか毎月返済額が決まっています。これを1本にまとめると、原則的には毎月の返済額は少なくなります。

おまとめによって金利が下がり、毎月返済額も低減できるというメリットもあります。

完済に終わりが見える

フリーローンは融資金を一括で借りて、その後は返済を行っていく証書貸付です。証書貸付には返済期限が決まっており、返済期限から算出された金額を毎月返済していく方法です。

このため、いつまでに返済が終わるということが一目でわかります。

カードローンは借入金額に対して返済額が変わっていくローンです。このため、返済によって元金が減ったら最低返済額も減るというような仕組みになっており、商品設計ができるだけ長く返済を行い、利息をできるだけ多く支払わせるという商品スキームになっています。

証書貸付はたとえ金利が同じでも、借入金額と返済期限ありきで毎月返済額が決定するため、結果的に利息負担は少なく、完済までの時間も短くなります。

手続きが簡単

資金使途が完全に自由なフリーローンでおまとめを行うと、手続きが非常に簡素です。

おまとめローンでおまとめを行うと、おまとめを行う他債務以外には1円も余計に借りることはできません。また、申込時に他債務の残高を証明する書類と、融資実行後に確かに完済したという完済証明が必要になります。

しかし、資金使途が完全に自由なフリーローンの場合には、残高を証明する書類も融資実行後に完済証明を提出する必要もありません。

銀行も消費者金融からの借入もまとめることができる

消費者金融のおまとめローンは消費者金融やクレジット会社などの貸金業社からの借入金しかまとめることができません。銀行や信用金庫などの金融機関からの借入はまとめることができないのです。

しかし、銀行のフリーローンでのおまとめは、どこからの借入でもまとめることができます。

消費者金融からの借入も金融機関からの借入もすべてまとめることができるため、非常に便利です。

 

ローンをまとめる際の注意点とデメリット

いいことばかりに見えるおまとめですが、まとめる際にはいくつか注意点やデメリットもあるため注意が必要です。

完済証明がいらないために完済が自己責任

使い道が完全事由なフリーローンでおまとめを行う際には、残高証明も完済証明も必要なく、融資実行後におまとめを行うかどうかは完全な自己責任です。

筆者も銀行員時代に使途自由なフリーローンでおまとめ資金を融資したことがありましたが、実際にはおまとめ以外に融資金を使ってしまい、結果的に借金がさらに増えてしまったということがありました。

銀行が管理してくれるわけではないので、融資実行後には自分で確実に返済をしなければならない点に注意しましょう。

枠を閉鎖しないと借金が増える可能性

せっかくカードローンの残高の返済をおまとめによって行っても、カードローンの枠までしっかりと閉鎖しないと、その後カードローンは再び利用できます。

カードローン残高の返済はATMや振込でも可能ですが、枠の閉鎖はローン会社と一度電話などでやり取りを行わなければできません。

少し面倒だからと言って解約を後回しにしてしまうと、またカードローンに手を出し借金が増えるリスクが残ってしまいます。

枠を閉鎖してからはしばらく借金不可能

一般的にローンは前回の借入から半年から1年は経過していないと、新たな借入を行うことができません。

おまとめを行って、カードローンの枠まで閉鎖した場合にはその後最低でも半年間は新たに他の借入を行うことができません。資金計画を十分立てたうえでおまとめは行いましょう。

このような不都合を解決するためにはカードローンでのおまとめを行うという方法があります。

 - フリーローン