フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

900万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

900万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

900万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
900万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
900万円×0.18×1(年)=1,620,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
900万円×0.02×1(年)=180,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで900万円借りた人の話

今は総量規制により、消費者金融のキャッシングで借りられる上限は年収の3分の1です。自身の年収は900万円ほどあり、現在なら消費者金融から借りられる金額は300万円までとなります。

しかし、昔は年収と同額以上の借入が可能であり、当時の年収は700万円程度でしたが、900万円もの借入ができたのです。総量規制が制定されても、借入額が年収の3分の1になることはありません。900万円の借金はそのまま残っており、毎月返済していますが元金があまり減りません。

年率は15.0%の設定となっており、借入額が大きいことを考えるとかなりの負担です。遅延はなく返済していますが、元金が減らないために低金利ローンに乗り換えしようと思ったのです。

そこで検討したのが、カードなしで取引できるフリーローンでした。

カードがあると安易に借りてしまいがちなので、あえてフリーローンを選んだのです。何よりも金利がキャッシングより低く、借入先として銀行を選んだので総量規制の対象外です。

おまとめ代金・費用を借りる目的で申込したら、約10日後に融資を受けることができました。単なる消費目的で申し込んだのであれば、借りることは難しかったと思います。そして、今までの返済で遅延がないことも高評価されたのでしょう。

900万円というまとまった一本化代金・費用となったので、即日で借りることはできませんでしたが、審査に3日、その7日後に口座入金されました。

借りたお金は消費者金融のキャッシングの全額返済に充てました。新規で契約したフリーローンは、金利が6.5%と相当に低いものです。
15.0%から6.5%まで大幅な金利引き下げに成功し、月々の返済は非常に楽になりました。

 

低い利率の銀行のフリーローン

銀行のフリーローンは低い利率が魅力的です。ただ、信販会社や消費者金融のフリーローンにもメリットはあるのです。銀行のフリーローンは、審査に時間がかかるものが多いので、たとえば急病や葬儀などで今すぐに資金が必要な人は、より審査に時間がかからないフリーローンを選ぶのが良いでしょう。また「明日に100万、200万の資金が必要」ということは少なく、たいていは数万~数十万円のお金があれば急場をしのげるものでしょう。そのような場合は、即日融資の受けられる消費者金融などを利用するのが良いでしょう。低い利率で利用できる銀行のフリーローンは「時間と資金に余裕があるときに、ローンカードを作っておく」といった方法で、イザというときに備えておくとよいでしょう。

私たちが気を付けなければいけないことの一つに「借入件数を増やさないこと」があります。借入件数があまりにも多い人は、新規の利用申し込みを受け付けてもらえなくなります。銀行のフリーローンなら融資限度額に余裕があることが多い上に、資金の使い道は自由です。そのため、銀行のフリーローンが利用できるなら、他の金融機関とやみくもに契約せず、借入件数を増やさないことを心がけましょう。

最近、ネットバンクでもフリーローンを提供しているところがあり、店頭に出向く必要がなく、書類の提出なども郵送ですべて行うことができて、便利ですね。ネットバンクは「手数料が安い」「銀行の中でも低い利率」がメリットです。少しでも有利なネットバンクを探すには、時間と労力がかかります。資金繰りがまだうまくいっているときに、余裕をもって探しておくのがよさそうです。

 

カードローン審査について

カードローン審査について説明します。そもそもカードローン審査とは、カード会社がカードを発行するにあたり、発行希望者がローンの返済能力があるのかどうかを審査するというものです。その審査項目は様々あります。まずは年齢について。基本的には20歳以上となります。ただ、18歳から仕事をしているとか、年齢だけでは条件を測れないので、勤続年数や収入と言った複合した条件が揃っていることが重要です。次に既婚か未婚かですが、査定には入りません。それよりもほかの会社からの借り入れがないか、クレジットなどの残額がどの程度あるかなどが査定基準となります。他社からの借り入れ状況ですが、これが一番重要項目です。仮に借り入れがある場合、年収に対してどのぐらいの借り入れを行っているかです。基本的に、借り入れ可能な額は年収の3分の1と制限されています。ただ、住宅ローンや自動車ローンは規制対象外ですので、計算に入ることはありません。カードローン審査が通れば、次は借り入れ額が問題になると思います。勤続年数が長かったり、収入が高いほど評価も高くなります。その分借入可能額は大きくなります。これは正規雇用されている正社員だけでなく、パートやアルバイトにも適用されるので、注意しておいてください。ほかにも居住年数やすぐ連絡の就く連絡先となっていることなど色々条件はありますが、カードローン審査についてはこんなところです。昔ほどではありませんが、カードローン審査はまだまだ甘いところが多いです。やはり、お金に困っている人というのはそれなりの状況を持った人というわけです。不景気のせいで主婦のカードローンが多くなって大変なことになっているというのは未だあるみたいですが、そこのところは大分対策が取られ減っているみたいです。カードローン審査についていつくか述べさせていただきましたが、ローンとはうまく付き合っていくことが一番大切です。決して、借りすぎには十分注意してくださいね。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17