フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

700万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

700万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

700万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
700万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
700万円×0.18×1(年)=1,260,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
700万円×0.02×1(年)=140,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで700万円借りた人の話 ※☓

私は、旅行の代金・費用のためにフリーローンで700万円借りました。
普段からなかなか仕事を休むことができないのですが、休みを取ることができたため、こんな機会はしばらくないだろうと思い、今回のプランを思いつきました。
旅行先はヨーロッパ全土を回る広大なもので、やりたいこともたくさんあるので、とにかく大目にお金を用意したいと考えたので、滞在予定は3ヶ月で、その間にヨーロッパのすべての観光地を回るという計画を立てておりました。
フリーローンでは、インターネットからいつでも申し込みをすることができ、しかも審査も早かったためとても助かりました。普段から仕事が忙しい私は、夜くらいしか申し込みをすることができないので、いつでも申し込みをすることができるということがとても魅力で、仕事が終わってからゆっくりと家で申し込みをし、次の日には結果が出て借り入れすることができ、借り入れをするのに余計な手続きも要らないため、すぐに借り入れできました。
資金調達をできた私は、ヨーロッパ全土を周り、普段では体験できないようなことをたくさんすることができました。予算も大目に用意したおかげで、好きなものを買い揃えることもでき、おみやげもとても充実しておりました。
長い旅行を楽しんだ私は、とても晴れやかな気分でまた仕事を始めることができました。結構長い休息で体も心もリラックスでき、旅行はとても楽しかったです。
休みが結構突発だったため、計画がつぶれないかとてもひやひやしたのですが、お金がすぐに借り入れすることができたおかげで、旅行をしっかりと楽しむことができ、仕事のことなど忘れることができ、楽しい充実した3ヶ月で行って本当によかったです。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




金利の低い銀行のフリーローン

銀行のフリーローンは、消費者金融や信販会社に比べて金利が低いことが特徴です。限度額が300万円~500万円と余裕があることが多く、中には700万円といった多額の借り入れができるフリーローンもあります。金利の低い銀行のフリーローンを「債務の一本化」に使うことで、利息部分を抑えることができ、返済総額を減らせるというケースもあります。銀行ならではのサービスとして、その銀行ですでに口座を開いていたり、住宅ローンを借り入れているという場合には、さらに低い金利でフリーローンを利用できるケースもあります。

ただ、銀行のフリーローンは目的別ローンに比べると、金利が高めのことが多いのです。たとえば住宅ローンや教育ローンなどが利用できるのならば、それらの利用を検討するのも良いでしょう。ただ、銀行の審査というのは時間がかかります。たとえば、お子さんが「塾や習い事で、数万円を明日までに納めなければいけない」と言い出した場合に、教育ローンの借り入れを考えていては、時間がかかりすぎます。一方で、消費者金融で数万円を借り入れした場合には、利息が高くついてしまいます。このような場合に備えて、銀行のフリーローンが借り入れられるカードを作っておくとよいでしょう。

銀行のフリーローンに比べて、消費者金融などは金利が高いのは事実です。ただ「明日には返済できるとわかっている」のにもかかわらず、財布に現金がない。このような場合には、ご自身の銀行口座から預金してあるお金を引き出す手数料よりも、フリーローンやキャッシングを利用して翌日には返してしまうほうが、手数料・利息が抑えられるというケースもあります。

 

賢くお金を借りる事は甘く巧みな金融業者の勧誘に負けない意志である

お金を借りる際の重要ポイントは何でしょう。金利だとお答えになる方は多いのではないでしょうか。お金を借りると金利は必ず発生します。金融機関が お金を貸して儲かる理由は、この金利なのです。金利は通常、1年あたりの割合で表示されることが多く、年利とも呼ばれています。貸金業を営む金融機関に は、利息制限法が施され、現状ではその範囲内での利息が定められています。その金利が低ければ低いほど、消費者は有利にお金を借りる事ができるのです。高 額な借り入れをすれば、利息は跳ね上がり、返済期間が長ければ、利息を多く支払う事にもなるのです。お金を借りる事になった際、この利息は常に頭に入れて おくことが必要です。金融業者の選択をする場合、金利の設定は各社様々です。自分がどのくらいの金額を、いつまでに返済するということをまず決めておかな ければ、金利を含めた金額の返済計画は立てられないのです。金利が高いとされる、消費者金融などからお金を借りる場合、金額は必要最低限、その支払い期間 は出来る限り短く設定することが重要です。銀行でお金を借りる事は消費者にとってベストな方法ですが、審査が通らない、審査に時間が掛かるなどの理由で、 あえなく消費者金融を利用する方も多いと思います。利息を多く支払う事は金融業者にとっての得となる儲けでも有り、大きな限度額を貸し付け、返済期間を長 くすることがメリットとなります。消費者サイドはその甘く巧みな勧誘に惑わされないよう、強い意志が必要とされるのです。

公開日:
最終更新日:2017/09/16