フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

650万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利 ※☓


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

650万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

650万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
650万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
650万円×0.18×1(年)=円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
650万円×0.02×1(年)=円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで650万円借りた人の話 ※☓

フリーローンで650万円を借りて、ようやく数ヶ月前に完済することができました。毎月の返済額はおよそ8万円で、返済期間は7年でした。650万円なんていう大金を借金してしまったときにはどうなってしまうのか不安でしたが、意外と返せるものですね。しかしもう二度と借金はしたくないと思いました。

フリーローンといえば無担保・保証人不要のものが多いですが、ほとんどの金融機関では500万円が最高となっています。私の場合は不動産を担保に提供することで、650万円を借りることができました。

契約時には、代金・費用として4万円程度がかかったと思います。金融機関によって契約時に保証料がかかったり、金利の中に含まれていたりするようです。当時の私の年収は400万円程度でしたが、審査には問題なく通りました。高額な担保である不動産を提供したので、年収などはあまり重視されなかったのかもしれません。

カードローンでは随時返済が自由であり、繰上げ返済手数料などはかかりませんが、フリーローンでは繰り上げ返済手数料がかかることには注意が必要です。繰り上げ返済をして利息を節約しようとすることは重要ですが、繰り上げ返済手数料を差し引くとあまりメリットがないこともありますので、しっかりと計算をして繰り上げ返済を行いましょう。私はボーナスが出たときなどに30万円程度をまとめて繰り上げ返済をしていました。

フリーローンで大金を借りている場合、金利はそれなりに低くなりますので、手持ちの資金として100万円程度は残しておくことが重要です。手持ちの資金すべての返済にまわしてしまったらいざというときの出費に対応できません。

私は一度だけキャッシングを利用してしまったことがありますが、金利18%になってしまったので、それならば繰り上げ返済をせずに残しておけばよかったと少し後悔しました。

 

利率の安い銀行のフリーローン

利率の安い銀行のフリーローンの中でも、特にローン利率の安いのはネット専業の銀行の商品です。ネットバンクという言葉がありますが「従来の銀行のインターネット支店」「従来の銀行のインターネットバンキングサービス」「ネット専業の銀行」の3種類をまとめて「ネットバンク」と表現していることが多いです。

この中でも、ネット専業の銀行は、実店舗の数が極端に少ないため、人件費や施設の維持管理費を抑えられる分、利用者に有利な利率で、フリーローンを提供してくれています。また、インターネット支店や、インターネットバンキングサービスを利用して、フリーローンの申し込みをした場合にも、店頭での申し込みよりも利率の安い契約を結ぶことができる、という銀行が多いです。

インターネットを通してフリーローンの契約を結ぶことは、自宅のパソコンを使ってできますので、とても便利です。必要書類の提出などは郵送やFAXで行うことができますし、銀行によってはすべてをインターネット上で行うことができるケースもあります。

ネットバンクを利用するメリットは、「自宅で落ち着いて考えることができる」という点にあります。すでにある借り入れがどのくらいなのか、新たに銀行のフリーローンを利用する目的は何なのか、そういったことをゆっくり考えながら契約をするといいでしょう。くれぐれも「適当に借り入れをして、後のことは後で考えればいい」といういい加減な気持ちで契約することだけは注意が必要です。

 

友人や親類からお金借りる際の借用書の重要ポイント

友人や親類からお金借りる際にも、後々のトラブルを避けるために、借用書を作成しましょう。たとえ親子間だからといって、借用書もなしにお金借りる と、贈与とみなされて贈与税の対象となることもありますから注意が必要なのです。親子の間で1年間に110万円を超える金銭の受け渡しを行った場合、お金 をもらった人には、贈与税の支払義務が生じるのです。では、借用者には、どのような項目が必要か見ていきましょう。まず必要なのが、契約の年月日になりま す。この日から起算して返済していくことになります。2つ目は、金額です。おそらく忘れることは無いでしょうが、どれだけのお金借りるのか、明確に記載し ておきます。3つ目は、返済期限です。いつまでに完済する計画なのかを記載しましょう。4つ目は利息です。年何パーセントなどと記載しましょう。利息が発 生しないという条件ならば、その旨記載しましょう。無記入の場合は、年5パーセントの金利と、民放で定められています。5つ目に必要なものに、返済方法が あります。特に親子間に見られる、ある時払いという曖昧なものですと、贈与とみなされることもあります。毎月いくら返済するか、ボーナス時には増額するな らばその旨の返済方法を明記しておきましょう。そして、返済したことを証明するためにも、貸してくれた方の銀行口座への振込みなどを利用するとよいでしょ う。6つめが遅延損害金です。期日までに支払いが行われなかった場合の違約金の事です。不必要な場合でも、その旨記載しておきましょう。以上の6つの項目 に加えて、署名捺印と、印紙が必要になります。賃借の状況により、これ以外にも必要な項目が発生することもあります。より正確なものを作成する必要がある 場合には、専門家に相談し、作成することをお勧めします。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17