フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

600万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

600万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

600万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
600万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
600万円×0.18×1(年)=1,080,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
600万円×0.02×1(年)=120,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで600万円借りた

借金と言う言葉に抵抗がありキャッシュカードでさえ使う事をしないでいましたが、50歳になって親との同居を考えるようになると家の改築費用で600万円が必要になりました。

同居は以前から考えて居た事ですが、教育費などで中々思うように夫婦での貯金は貯まらず、長年勤めた会社に借金を頼もうと考えて居ましたが、妻から銀行系のフリーローンであれば借金を組むにあたっての諸経費の代金・費用もかからず、安い金利で借り入れが出来ると助言があり早速申し込む事にしました。

手続きは沢山の書類が必要になり、役所や会社にも書類の申請をしなければと思って居たのですが書類も必要無く、24時間ネットで審査をしてくれるので会社勤めでも足を運ばずに手続きが出来るのでとても便利に感じ、審査の返答は直ぐにあり600万円の融資が決定しました。

余りの速さに驚いて同僚に話すと、同僚も同じような経験があり車の買い替え時に利用したと聞いて驚きました。総量規制があり収入の三分の一以上は借り入れが出来ないと思って居たのですが、フリーローンに限っては規制対象で無いと言う事も初めて知り、時代に乗れなかった自分を反省しました。

600万円の借り入れはスムーズに進行し直ぐに銀行に振り込まれたので、早速家の改築のリフォームに取り掛かりました。十分な資金と言う事もありバリアフリー等の多少の出費があった物の満足の行くリフォームが完成しそうです。

厳しい審査も無く電話口でのやり取りもとても丁寧なフリーローンの窓口は、利息や返済期限についてもとても詳しく説明してくれたので、完済したら夫婦で旅行の計画を立てフリーローンを利用して行って見ようと妻と話が弾んで居ます。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




業務の支払いにフリーローン

その日のことは思い出すだけで動悸が速くなってしまいます。私はとある片田舎の中小企業の社長をしている者ですが、自分の会社が「倒産するかも」と本気で危機感を感じたのはその時が初めてでした。ある早朝、私がいつものように経済新聞を開くと、そこにあったのは当社の最大の取引先である大手メーカーの倒産の記事でした。

運の悪いことに当社はほんの数日前にそのメーカーに大型の製品を納品したばかりで、来月に支払われることになっていたその会社からの購入費用を他の支払いに充てるように既に多くのところに組み込んでいたのです。居ても立ってもいられず、飛び出すように自宅を出ると、会社に次々と寄せられる問い合わせへの回答に当たりました。

ほとんど寝ずに資金繰りをしたかいもあり、いくつかの支払いについては遅らせることなく切り抜けることができたのですが、いよいよ近付くお得意先への支払いにはかなり危ない状況に追い込まれたのです。そんなとき、目にしたのが銀行から提供されている「フリーローン」というサービスでした。その時当社は一刻も早くまとまったお金が欲しいという状況だったので、簡単な審査で受けられるフリーローンはまさにもってこいの借入方法でした。

フリーローンを使って最大の危機を乗り切ってからは、かすかずつですが事業も立て直しができるようになりました。まだ完全に危険を脱したわけではないのですが、これも与えられた試練と思い、頑張って事業を維持してゆこうと思います。

 

お金を借りる際の低金利の重要ポイント

友人や親類からお金借りる際にも、後々のトラブルを避けるために、借用書を作成しましょう。たとえ親子間だからといって、借用書もなしにお金借りる と、贈与とみなされて贈与税の対象となることもありますから注意が必要なのです。親子の間で1年間に110万円を超える金銭の受け渡しを行った場合、お金 をもらった人には、贈与税の支払義務が生じるのです。では、借用者には、どのような項目が必要か見ていきましょう。まず必要なのが、契約の年月日になりま す。この日から起算して返済していくことになります。2つ目は、金額です。おそらく忘れることは無いでしょうが、どれだけのお金借りるのか、明確に記載し ておきます。3つ目は、返済期限です。いつまでに完済する計画なのかを記載しましょう。4つ目は利息です。年何パーセントなどと記載しましょう。利息が発 生しないという条件ならば、その旨記載しましょう。無記入の場合は、年5パーセントの金利と、民放で定められています。5つ目に必要なものに、返済方法が あります。特に親子間に見られる、ある時払いという曖昧なものですと、贈与とみなされることもあります。毎月いくら返済するか、ボーナス時には増額するな らばその旨の返済方法を明記しておきましょう。そして、返済したことを証明するためにも、貸してくれた方の銀行口座への振込みなどを利用するとよいでしょ う。6つめが遅延損害金です。期日までに支払いが行われなかった場合の違約金の事です。不必要な場合でも、その旨記載しておきましょう。以上の6つの項目 に加えて、署名捺印と、印紙が必要になります。賃借の状況により、これ以外にも必要な項目が発生することもあります。より正確なものを作成する必要がある 場合には、専門家に相談し、作成することをお勧めします。

公開日:
最終更新日:2017/09/16