フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

60万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利 ※住信とオリ


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

60万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

60万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
60万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
60万円×0.18×1(年)=108,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
60万円×0.02×1(年)=12,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで60万円借りた人の話

車の修理費用を調達するためにフリーローンを利用しました。

修理業者の見積もりでは50万円台の修理代金・費用になると言われたので、即日で借りられるフリーローンを探して60万円の希望学で申込しました。
当初は低金利の銀行融資を考えていましたが、もし審査に通らない場合はお金を調達できなくなるので、昔利用していた消費者金融を利用することにしたのです。

かつてカードローンで100万円を借りていて、今は全額の返済をしています。一度も遅延することなく完済したので、確実に借りられるという自信はありました。

年率は17.8%であり、消費者金融の上限金利の中では低いほうです。銀行と比較すると高金利ですが、1年間を目処に完済する予定なので、金利よりも融資を受けられる確実性を重視したのです。

審査は想像いていたとおり、問題なく通過できました。審査に要した時間は20分程度であり、その後はすぐに融資手続きに進みました。すべてWEB上での手続きですが、即日で60万円を借りることができたのです。

今回、カードローンを利用しなかった理由は、ムダ遣いを回避したいと考えたからです。以前にカードローンを利用していたころは、銀行のキャッシュカードのような感覚で頻繁に借りていました。自分の口座から出金する感覚になってしまい、30万円の借金が100万円にまで膨れたのです。

フリーローンなら原則として追加融資を受けるたびに審査があるので、借金が増えにくい仕組みになっています。何よりも車の修理代金・費用の調達のために借りるので、カードローンである必要はないと考えました。

返済方法は口座自動引き落としなので、毎月ATMに返済しに行く手間も省けて助かっています。返済の面倒を解消したいなら、絶対に口座引き落としがおすすめです。

 

ネットバンクのフリーローン

フリーローンとは、目的別ローン(住宅ローンやカーローンなど)とは違って、借り入れたお金は自由に使えるものです。目的別ローンに比べて金利が高めになってしまうのが、フリーローンのデメリットではあるのですが、すべてにおいて「手数料、金利が安め」のネットバンクを賢く利用するといいでしょう。また銀行からの借り入れは「借金の総量規制」の対象にならないのも、嬉しいところです。ネットバンクも銀行ですので、他社からの借り入れがある人も利用できる可能性が高いのです。

住信SBIネット銀行のフリーローンは、融資限度枠がかなり大きめなので、ローンの一本化に使うこともできるのが便利です。SBI証券に口座を持っていると金利が安くなるというメリットもあります。銀行系フリーローンには「同じ銀行に定期預金があれば優遇金利が適用される」「定期預金を持っている人は金利が安くなる」などのメリットが得られることもあります。

オリックス銀行も融資限度額が大きいというメリットがありますし、他行から借り入れる場合に比べて、月々の返済額を抑えることが可能です。返済も口座引き落としや、提携ATMを通しての返済が選べます。

楽天銀行は、インターネットでの取引に強い銀行です。ログインするのに複数回の認証が行われ、セキュリティ面ではとっても安心できます。ネットバンクで心配なところは、フリーローンを利用していることが他人にわかったり、他人にお金を使われたりする「情報漏えい」の問題ですが、楽天銀行ならば安心して利用できると言えます。

 

カードローン審査の流れ

カードローン審査の流れとして、査定する会社は、まずは金融機関の借しいれ状況を確認します。あなたが他の金融機関でいくら位借りているか、過去の 返済で遅延したり滞納したことがないか、住所や職業に虚偽はないかなど、きちんと返済してくれる人かどうかの審査が行われます。金融機関は公的な組織で個 人での信用情報を持っていますmpで虚偽の申請をした場合はバレてしまい、査定が通らないので、現在借り入れがある場合であっても、正しく内容を報告する ようにしましょう。カードローン審査の流れとして、年齢や結婚の有無、現在の居住年数など、申し込みを行う際に記載した内容が査定条件となります。  年 齢は20歳以上であれば問題ありません。仕事をしていて一定の収入があるほど、審査には有利となります。 結婚している場合は、生活が安定しているという プラスの評価をもらうことができますが、住宅ローンなど組んでいたり、子供が複数いて収入が少ない場合は評価がマイナスとなり、結果的にはプラスマイナス ゼロになるケースもあります。 現在の住居に長く住んでいる場合は、安定した生活をしていると判断されて、審査に有利になります。いざというときの連絡先 として、携帯電話よりも固定電話がある方が有利となりますが、今は誰しも携帯を持つ時代になりましたので、固定電話の有利性は以前ほど重要視されなくなっ ています。 返済してもらえるかを判断して、審査に問題なければお金が借りることができるようになります。これがカードローン審査の流れとなります。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2017/04/27