フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

550万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

550万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

550万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
550万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
550万円×0.18×1(年)=990,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
550万円×0.02×1(年)=110,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで550万円借りた人の話

結婚と同時に妊娠をして、業務内容的に勤めていた会社を辞めなければいけなくなりました。そして生まれたのは三つ子で、しばらくは育児に専念しなければいけなく、夫の稼ぎだけで生活することになりました。ただ専門職だったためにこれまで高給をとっていて、節約などをしたことがなく、また3人の乳児を抱えて買い物に行くのも辛く、通販を利用するようになりました。

そうやって生活していくと、すぐに生活費がなくなってしまい困るようになりました。夫に言って補充してもらっても、それが続くと嫌な顔をされるようになり、また自分自身のやりくりが下手で落ち込み、言い出すことができなくなってしまいました。

そこで足りない分を独身時代の貯金で補い、それもなくなると結婚前に作ったクレジットカードでフリーローンを使ってお金を借りるようになりました。カードを複数持っていて、気付いたらどれも限度額がいっぱいになって、かなりの額になっていました。

使った代金・費用はすべて生活に関してで、働くことができず収入が得られない、それなのにフリーローンは利息が高くどんどん追い詰められていきました。そして返済のために新たに借入をするという悪循環で、借金の総額は550万円まで膨れ上がっていました。

さすがに自分ではどうすることもできないと思って、結局のところ実家の両親に相談して助けてもらい、なんとか返済ができました。

簡単にお金を借りられるのは困っている時には助かりますが、その後に返済があること、利息がつくことを忘れてはいけません。両親の助けがなかったら自己破産を考えるしかなくなっていて、安易に現金を借りる恐ろしさを知り、生活で破綻することを体験しました。

 

借り換えにはフリーローン

フリーローンを利用してしばらくしたところで、何気なくインターネットで検索をしてみたところ、現在借りている条件よりもずっと有利な条件での貸付をしている会社を見つけました。私が借入をしたときは急ぎの事情があったので、あまりたくさんの金融会社を比較しなかったことも悪いのですが、金利があまりにも違うのでびっくりしてしまいました。

フリーローンは基本的に利用目的について詳しく内容を問われないタイプの現金借入なので、もしかして借り換えにも対応できるのではないかと思い調べてみることにしました。すると、思った通り借り換え目的のフリーローンが多くの会社で提供されていました。そこで、借り換えローンに有利な条件の金融会社をじっくりと比較してみて、借り換え先を選びました。

そのときフリーローンの借り換えには、総量規制のない銀行系のフリーローンがよいということを知りました。総量規制とはその人の年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという法律の規定で、信販系や消費者金融系のローン会社はこの総量規制以上の貸付をできないことになっています。そのため借り換えができたとしても全額をカバーしてもらえません。

少し前までは銀行系のローンは厳しい審査があるという印象がありました。ですが、今はだいぶ審査もゆるくなってきているようで、私も借り換えを申し込んだときたいへん迅速に対応してもらえました。こんなに簡単に借り換えができるのではれば、もっと早くに申し込んでおけばよかったと思います。

 

お金を借りる事に不向きな人

お金を借りる事の重要ポイントはずばり返済できるかどうかではないでしょうか。月々の給料等の収入はほとんど一定の場合、支出の見直しをすることが 重要になります。主な支出は、家賃や住宅ローン等の住居費、電気代水道代等の光熱費、固定電話携帯電話等の通信費、食費、日用品、マイカーをお持ちの方は ガソリン代も大きな支出となりますし、他にも交際費や保険なども毎月支払うものになっているのではないでしょうか。その生活費の支払いだけで精一杯の方 は、つまり貯蓄ができていない方はお金を借りても返すことができない可能性があるのです。借金があれば食費や光熱費を節約するから大丈夫。と思っている方 もいるかもしれませんが、それでは無謀すぎます。借金の返済が1~3ヶ月位ならどうにかやりくりできるかもしれませんが、半年、1年などの長期になった場 合、節約生活はどんどん苦しくなっていきますので、精神的にもどんどん辛くなっていきます。途中でボーナスなどの大きな収入があれば状況は変わってきます が、ボーナスもなく臨時収入もまったく期待できないような状況では余裕がありませんし、収入よりも臨時支出の方が多くなる可能性のほうが高いと思います。 臨時支出は冠婚葬祭がありますので突然ありえますので準備するのが難しいです。このような状況からのお金を借りる事は無謀としか言えませんので、今貯蓄が できないような生活をしている方はお金を借りる事はできるだけ避けたほうがよいと思います。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17