フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

500万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

500万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

500万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
500万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
500万円×0.18×1(年)=900,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
500万円×0.02×1(年)=100,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで500万円借りた人の話

私自身がパート勤務なことと勤めている期間が少ないため、銀行のパンフレットにあった普通の利息よりもお得といわれている娘の学校用の代金・費用のための教育ローンは審査すら受けられそうにありませんでした。

500万円近い支払いをどうしようかと困っているときにすすめてもらったのがフリーローンでした。借り入れることができるという審査にさえ通れば、そのお金は何に使っても良いということがとても魅力的でした。

実は、娘の学校への代金・費用の支払いとは別に自分自身のカルチャースクールに通うためのお金も欲しかったのです。フリーローンは何にでも使えるという便利なローンなんですが、金利が目的のあるローンよりも支払っていく利息が高くなってしまう担当の方に言われていましたが、支払いは私だけでなく家族全員で行うし、余裕があればどんどん返していくことでそこまで高くない利息で借りることができるとネットで見かけたので申し込むことにしました。

教育ローンの相談にいったときは、親子関係が証明できる役所からの書類や学校在籍の証明書が必要と言われていたのですが、フリーローンは使い道が自由なので私の場合は保険証と源泉徴収票だけで申込ができたのも手軽で良かったです。

正直、希望していた500万円が全額審査が通るとは考えていなかったので、審査の通知がOKだったときはとても嬉しかったです。

あくまで私だけに当てはまることかもしれないので、体験談の1つとして流して欲しいことがあります。それはフリーローンを借りるときはシミュレーションをしっかり行ってもらった方が良いということです。毎月支払う金額だけでなく、最終的にいくら支払う必要があるのかをしっかり確認しておくこともフリーローンを上手に使うコツだと言っておきたいです。

 

おすすめの銀行のフリーローンとは?

銀行のフリーローンも特色ある様々なものが発売されていますので、「ご自身のニーズに合うもの」を選ぶことが大事です。「これがおすすめ!」と一概に言えないのが現状なのです。

まず気になるのは金利ですが、一般的な銀行に比べて、ネットバンクのほうが金利が安いことが多いです。ネット専業銀行でフリーローンの契約をするのは、書類のやり取りを郵送で行えて便利ですし、銀行によってはすべてをインターネットでやり取りできる、というところもあります。また、一般の銀行でも、インターネット支店やインターネットバンキングでフリーローンを申し込むと、その銀行の一般的な金利よりも安くフリーローンを利用できることがあります。

銀行のフリーローンは「審査に時間がかかる」というイメージがありますが、最近は「最短で即日融資が可能」とする銀行もあります。即日融資を受けたい場合には、申し込み方法などに気を付けなければなりません。また、必要書類などをあらかじめそろえておく必要があります。また、必要なお金が数万円程度ならば、クレジットカードのキャッシング枠を利用したり、消費者金融で無利息期間のうちに返済をしてしまうという方法もあります。

銀行のフリーローンの中には、融資限度額が500万円~700万円というものもあります。もちろん、利用審査は厳しいので、誰もがそこまで多額の借り入れをできるわけではありませんが、債務の一本化を考えているといった人は、融資限度額が大きい銀行のフリーローンがおすすめとなります。

 

お金を借りる際の重要ポイント

クレジットやキャッシングは言い方を変えると借金です。できればお金を借りることなく済ませたいのですが、やむを得ずキャッシングなどを利用すると きは、次の点に注意する必要があります。まずは、無理なく返済していける金額を考えてから借りる金額を決めるということです。例えば、月に5000円返済 に回せることができる人が、返済期間3年・年利18%でお金を借りるとした場合、総返済額は18万円となり、借りることができる金額は14万円になりま す。もし毎月5000円の返済で30万円を借りてしまった場合、返済期間は12年に延び、総返済額は約73万円にもなります。これは借入額の2.4倍にあ たり、金利だけで43万円も支払うことになります。金融広報中央委員会や金融機関のサイトには、金利などの条件を入力すると毎月の返済額などが計算できる ローンシミュレーションが提供されています。お金を借りる前に必ず確認することが大切です。次にお金を借りる業者ですが、今でも違法業者による被害が多数 発生しています。法外な金利で融資を行うヤミ金融や、保険料などの名目でお金をだまし取る保証金詐欺などには十分注意する必要があります。一般的に大手で あれば安心といわれていますが、大手企業の名前やロゴマークなどを無断使用してダイレクトメールを送りつけるという業者もあるので、有名な会社だからと安 心はできません。安心な業者を選んでお金を借りたら、契約書の内容も必ずチェックし大切に保管します。契約条件があいまいなまま契約をするとトラブルにな ることがありますので、不明な点は業者に確認することが重要です。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17