フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

350万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

350万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

350万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
350万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
350万円×0.18×1(年)=630,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
350万円×0.02×1(年)=70,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで350万円借りた人の話

自営で印刷業を営んでいますが、近頃、機材の調子が芳しくなく、ずっと修理の必要性を感じながら経営を続けていました。しかし思いがけないタイミングでトラブルが多発するようになり、こんな状態だと業務に大きな支障をきたすのでなんとか改善しなければと方策を考えた結果、新たな機材を購入することに決めました。

こういったときに銀行や消費者金融の事業者ローンや法人ローンを活用すればある程度まとまった額を手にすることができるはずです。しかしこれらの借り入れにおいては融資金額が大きい分だけ審査も慎重に行われます。一週間や二週間かかることも少なくないとウェブの口コミで読んだことから、そんなに待ってはいられないと思い、通常のフリーローンでなんとかお金を調達できないかと考えるようになりました。

そこで消費者金融の店舗窓口まで足を運んで、店舗スタッフに色々話を聞きながら理解を深め、そしていよいよ申請手続きを行うことにしました。希望融資額として提示したのは機材の代金・費用に当たる350万円です。これさえ調達できればあとは業者に駆けつけてもらうだけで設置は完了し、事業も事なきを得ます。すでに業者側にも話はつけており、あとは代金・費用の支払いと機材の納入を行うのみとなっていました。

幸い、私の年収は1000万円を超えていた事もあって、総量規制の観点から言っても350万円の借り入れは可能です。その代わり、300万円という大金の融資ですので審査は極めて慎重に行われます。私は同社から何度も借り入れを行っていた事もあり、信用度の面では一日の長があります。その甲斐もあって順調に審査は完了し、晴れて350万円の融資が受けられることになりました。

おかげで振り込み、および機材の搬入や清算に関してもつつがなく行われ、何も問題なく手続きは完了しました。機材の方も以前にも増して快適に動いており、より生産性を拡大することができました。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




海外留学のためのフリーローン

私は都内にある中小企業で働く20代のOLです。大学を卒業後しばらくは立派な社会人になるべく与えられた仕事を私なりに一生懸命にこなしてきましたが、最近自分の将来に漠然とした不安を感じるようになってきました。というのも私の勤める会社には将来性が乏しく、今後長く勤めていてもなんら自分にはメリットがないように思えてきたからです。

最近は国際的な活動をする企業が大変のびてきているというニュースも聞き、海外留学をしてみるのもよいと考えました。そこで調べてみたところ、ワーキング・ホリデーなど便利な制度を利用すれば、働きながら語学を身につけることもでき、将来のキャリアにも役立つことがわかりました。制度によっては年齢に制限があることもあるので、お金が貯まるまでと悠長なことも言っていられません。

しかし、問題は海外に渡るための当面の資金です。学生の身分であれば独立行政法人などから低金利のローンも借りることができるようでしたが、既に会社員となっている私にはそれほど選択の幅は広くありません。あきらめきれずお金を借りられる場所を探したところ、フリーローン(多目的ローン)という便利な借り方があることに気が付きました。

フリーローンは国の教育ローンや財形ローンに比べて金利はやや高めですが、ローンそのものとしては高すぎるというわけではなく、また使い方について細かい制限をうけることもありません。借入できたお金をつかい、早速留学の手続きをすませようと思います。

 

消費者金融を利用することにためらいを感じている方に契約者貸付を利用してお金を借りる方法のご紹介

貸金業法改正により、総量規制が実施され、それまでお金を借りる事で返済を続けていた一部の消費者は窮地に追い込まれました。救済措置とも見られ る、過払い金請求などの方法を駆使しても支払う事が出来ない消費者は、犠牲者となってしまったという痛々しい結果も見られます。お金を借りる事は、消費者 にとって安全で無ければなりません。法の措置による厳しい制限は犠牲者を生む結果となりましたが、これからの消費者金融を利用する消費者には最低限の安全 が確保されたことにもなるのです。さて、銀行からの借り入れが難しいとされる方は、信販系ローン会社、消費者金融からお金を借りる事を考えるかもしれませ ん。その前に、ちょっとだけ調べてみて欲しいことが有ります。生命保険の契約はしていますか。掛け捨て型の保険では無く、終身保険を主契約とする保険や、 積立部分を持つ保険契約のことです。現在までの払い込み保険料による解約返戻金の範囲内で、契約者貸付というシステムを利用できる可能性が有るのです。保 険会社もれっきとした金融業者ですから、利息は発生します。しかし、面倒な審査などは無く、自分の契約した保険ですから借金というイヤな感情も湧きませ ん。しかも、契約者貸し付けを受けている間も保険は適用とされます。返済は一部でも全部でも自分が可能な時に行えます。契約者貸し付けには手続きが必要で す。どのくらいの貸し付けが可能かなどの問い合わせにも保険会社は答えてくれます。消費者金融を利用することにためらいを感じる方などはこの方法はオスス メです。

公開日:
最終更新日:2017/09/16