フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

30万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利 ※オリと住信


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

30万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

30万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
30万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
30万円×0.18×1(年)=54,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
30万円×0.02×1(年)=6,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで30万円借りた人の話

社会人になってから仕事のストレスを発散するために、仕事帰りに色々な場所へ立ち寄るようになりました。給料日になると、必ずと言って良いほど飲みに行ったりパチンコ店に立ち寄ることが多くなりました。

最初は給料日のほかに月に1~2回程度でしたが、どんどんエスカレートして立ち寄る回数が増えていきました。給料が入るとすぐに飲みに行ったりパチンコ店に行ってお金を使ってしまい、お金が足らなくなると食事を抜くこともありました。

給料日前になるとお金が足りなくなることもありましたが、給料の範囲内でなんとか乗り切っていました。

しかし、気が付いた頃には、ほとんど毎日飲みに行ったりパチンコに興じるようになってしまいました。金銭感覚がなくなっていると思いながらも、歯止めが利かなくなっていました。

そうなると、給料の範囲内で乗り切ることができず、毎月の携帯代金・費用や電気代や水道代の支払いも滞るようになりました。ついに給料日に給料が入ってもすぐにお金が足らなくなってしまい、お金を借りることにしました。

いつも通勤帰りに通る道沿いにある店舗に立ち寄り、フリーローンの申し込みをしてみることにしました。希望額を聞かれたので、30万円借入したいと伝えて申し込み手続きをしました。

ひと通り手続きと審査を終えて、無事に30万円を借り入れすることができました。おかげで、給料日までの金欠状態をどう乗り越えようか悩んでいたのが解決できたので助かりました。

今後は毎月の返済もあるので、今までのように毎日飲みに行ったりパチンコ店に立ち寄ることはやめることにしました。毎月の返済をしながら、月に数回だけ飲みに行くことを楽しみにすることにしました。

 

ネット銀行のフリーローン

ネット銀行も銀行の一つですので、一般の銀行と同じように「フリーローンを利用できるかどうか」の審査があります。信販会社や消費者金融に比べて、審査には時間がかかる傾向はあります。ただし「一度申し込んでおくと、あとは利用限度額の範囲内で、資金がほしい時にいつでも借り入れができる」というメリットもあります。ネット銀行のフリーローンは自宅のパソコンを使っていつでも利用申し込みができるのですが、可能ならば時間と資金に余裕があるときに、申し込みをしておくのが便利でしょう。

ネット銀行のフリーローンでよく知られているのは、住信SBIネット銀行とオリックス銀行がまず挙げられるでしょう。利用限度額が大きいこと、金利がお得ということが特徴的です。また、楽天銀行(旧イーバンク銀行)は、ネット銀行としては歴史が長いので、フリーローンも提供されていることが知られています。

ネット銀行のフリーローンだけではなく、一般的にフリーローンやカードローンというものは、「借入限度額を大きく設定してもらえる人ほど、金利が安くなる」という特徴があります。たとえば「借入限度額が30万円の人」「500万円の人」が、同じ1万円を借りたとしても、前者のほうが高い金利を支払わなければならず、後者のほうが安い金利を支払うだけで済むのです。

できるなら、借入限度額を大きく設定してもらうようにしましょう。そして「実際の借入は最小限にとどめ、できるだけ早く返す」ということを心がけるようにしましょう。

 

カードローン審査の流れとしての金利の決定方法

カードローンを見ていきますと、どうしても気になってしまうのが金利です。金利につきましてはあやふやは書き方がされていましてはっきりとしていま せん。確実な、金利額は実際に査定を受けた後でなければ分からないというものになっているのが実情なのです。金利につきましては、7・5パーセントから 16・8パーセントというような形での表記になっています。そのような表記ですと、自分が借りた時に一体どの金利が選択されるのかが全く分からないという ことになります。実際にはある程度の予測はできるのですが、やはり確実な額は査定を受ける前には全く見えてこないということが確実にいえます。カードロー ン審査の流れとしての金利の決定方法ですが、まずは利用金額です。利用金額につきまして、大きな額を利用する時には金利は下限金利に近づきます。低いとい う有利な金利が設定されるようになっているのです。一方で利用金額が少ない場合には、金利は上限金利に近づきます。ですので、少額利用につきましては金利 から考えますと不利になるということがよくわかるでしょう。他にもカードローン審査の流れとしての金利の決定法方法があります。それは信用度です。その方 の個人情報や信用情報が関わります。もしも信用度が高いと判断されますと、金利が優遇されます。年収が高いといったことや、いままで借金の経験があったと しても問題なく返済している方は信用度が高く金利が有利になります。以上が、一般的なカードローン審査の流れとしての金利の決定方法です。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17