フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

290万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

290万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

290万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
290万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
290万円×0.18×1(年)=522,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
290万円×0.02×1(年)=58,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで290万円借りた人の話

私はフリーローンで290万円を借りました。290万といっても手元に現金でこの額を借りたのではなく、カードローン形式のもので、最大290万円まで使えるというタイプでした。

私が契約したフリーローンは使用用途は自由だったため、特に用途については深く契約の際に聞かれませんでした。実際に契約した目的は、6年前に少々家計が苦しかったからです。

結婚してまだ日が浅かった私たち夫婦は収入や貯蓄も少なかったのですが、妻のお父さんが病気で倒れ、一時期そちらに月3万程度援助していました。また、自分たちも車が欲しかったため、その購入代金・費用にあてるお金が欲しかったのです。

車はローンでも購入できましたが、私が契約したフリーローンの方が利息が8.5パーセントと車のローンの利息より低かったため、フリーローンから一括で購入することにしました。

車は軽自動車で90万円くらいでしたので、これを借りると1年間で利息が76,500円つきますので、何とかして2年以内に返済しようと妻と返済計画を話し合いました。ネットでもいろいろと情報を集めましたが、フリーローンは返し切ってしまわずに放置しておくと、月々の利子が毎月増えていってしまい、なかなか返済が終わらないとのことでしたので、車のローン以外にはこのローンからお金を借りることはしないことにしました。

そして車を購入して以降は毎月44,000ずつくらい返済していき、約2年で完済しました。ざっくり計算すると90万円借り、2年間で返済した額は約105万円でした。つまり、利子が15万円だった訳です。貯金をしてから払えばこの利子はなかったわけですが、貯金のない状態で車が欲しかったので、この利子は仕方のないものだと思っています。

 

結婚費用にはフリーローン

急に決まった結婚式でしたが、せっかく一生に一度の大イベントなのでどうしても妥協はしたくありませんでした。結婚のために借りられるローンもあることを友人などから教えてもらいましたが、その場合夫ともども収入の状況や結婚式をする会場や必要な経費などかなり厳しい審査を通らなければけませんでした。

ちょうど夫の会社が倒産をしたばかりで失職をしており、金銭的な見通しが一時的に不透明となっていた時でした。そこで一時的にまとまった借入ができるところを探していたのですが、見つけたのがフリーローンだったのです。銀行系のフリーローンなら総量規制にもかからず、数十万円から数百万円までの貸付をしてもらえるということでした。

最初は審査に落ちたらどうしようとハラハラしていましたが意外とあっさりと貸付を受けてもらうことができ、無事に結婚式を開くための資金を得ることができました。せっかくの祝い事に親類縁者から多額のお金を借入れるのはできれば避けたいと思っていたので、本当にありがたかったです。

結婚式のために借入をした資金でしたが若干借入金にあまりが出たので、残りの分を新生活のための家財道具の購入にあてました。これから夫と新しい生活を始めてゆくために、心強い味方ができたと喜んでいます。結婚式は大成功でたくさんの人からお祝いの言葉をいただきました。これからもこのときの恩を忘れずに、しっかりと二人で幸せな家庭をつくり上げてゆきたいと思っています。

 

お金を借りる時と貸す時の注意点

お金を借りる際に、一番注意することは、自分の返済能力を考えて借りることです。もし、300万円を借りたとします。この時利息は無くても、毎月5 万円ずつ、5年間返済し続けなくてはなりません。実際には、これに利息が付きますから返済額は、もっと増えます。例えば、家族が病気など不意の出費があっ たら、毎月5万円以上の返済を継続していくのは、とても大変なことです。よって、収入に見合った、お金を借りるようにすることが、最も大切になります。利 息の安いところから、お金を借りるということもとても大切です。また、10日で利息が2割、3割となるヤミ金でのお金を借りることは、絶対に避けるべきで す。また、反対にお金を貸す側の注意点ですが、お金を貸す際に最も重要なことは、返済する意思があり、かつ、返済する資力のある人に貸すことです。そし て、どんなに親しい仲であっても、必ず借用書を作成しておくのが重要です。この借用書というのは、金銭消費貸借契約書も同様の意味です。契約自体は、借用 書がなくても有効なのですが、後々の紛争を予防したり、紛争になった際の証拠にするためには、やはり借用書は作成しておくべきです。やむを得ない事情に よって、どうしても借用書を作成することが、出来ない場合には、メモ程度でもいいので、書面にして、貸した相手に署名してもらうといいです。但し、この際 には、返済能力のある人に保証人になってもらわないと、あまり意味がなくなります。また、物的担保を取っておく方法も、再建回収にとっては有効です。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17