フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

260万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

260万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

260万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
260万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
260万円×0.18×1(年)=468,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
260万円×0.02×1(年)=52,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで260万円借りた人の話

他社キャッシングの金利が高くて、なかなか利息が減りませんでした。毎月コツコツと返しているつもりになっていましたが、実際は思ったほど元金が減っていません。このままでは完済までかなりの時間がかかりますし、利息も膨らんでしまうと考え、銀行のフリーローンで他社ローンのおまとめ代金・費用を借りることにしたのです。

借りたい金額は260万円とかなり大きいので、選択肢は必然的に銀行になりました。消費者金融のローンでおまとめしても、金利はほとんど変わりありません。
せいぜい1%程度しか変わりませんし、総量規制の縛りによって260万円の借入は難しいのです。

目的の借入先である銀行は年率7.8%という低金利、さらに総量規制の縛りもありません。ネット契約できるフリーローンということもあり、審査の申し込みをしたのです。

金額が260万円と大きいこともあり、審査・融資まで10日くらいかかりました。保証人は不要であり、銀行側が保証会社を設定してくれました。
用途は事業資金以外はOKなので、おまとめ目的でも問題なかったです。

融資方法は口座振込なので、入金を確認したら早速他社キャッシングの完済に充てました。

銀行フリーローンで他社ローンを一本化したことで、借入先が一本になって返済が楽になりました。これは地味ながらメリットが大きく、毎月返済する面倒が大幅に解消されたのです。借入先が3件と1件では、返済の手間はまったく変わってきます。

借りる前は審査ハードルが高いと感じていましたが、思っていたより低いので意外でした。

年収300万円なので260万円の借入は厳しいと考えていたのですが、一本化のために借りたいと言ったら一度で審査に通過できたのです。
用途が決まっていたことも、審査で有利な材料になったのでしょう。

 

銀行フリーローンのメリット

安い金利でお金を借りたいという場合は、銀行がおすすめです。審査基準がそれほど厳しくない消費者金融のフリーローンは、どうしても高金利になりがちです。

貸し付け条件時の金利が20%近くにもなるという高金利で貸し付けを行う消費者金融会社も存在します。返済のあてがあるか、融資の目的は何かなど、細々としたところまで審査で確認されるのが銀行フリーローンの特徴といえます。

銀行は低い金利で融資を行うため、審査に時間をかけ条件も厳しめに設定しているようです。短期間での少額の銀行フリーローンでは違いを実感し難いかもしれませんが、長期間の銀行フリーローンの場合、金利は大きな差額となってきます。金利が低ければ、毎月の返済だけでなく最終的な返済金も低くなりますので、融資を受けても返済が随分と楽になるはずです。

銀行でフリーローンを組む場合には、窓口で返済相談や契約内容の説明を丁寧に行ってくれます。金融会社のローンに警戒心があるという方でも、経営が他の消費者金融系に比べて安定している印象のあん銀行なら何かと安心です。銀行によってローン内容を解説するようなホームページを作っており、金利と借入金額から利息の増え方がシミュレーションできるところもあります。

銀行によっては、用途自由で融資を行っていることもあります。フリーローンを使いたい時は、消費者金融だけでなく銀行のフリーローンもチェックしてみてください。

 

とっさの出費にお金借りるこ事の効果

皆さん、お金借りたことありますか。友人知人でも両親でも会社の上司でも金融機関でもどこでもいいです。お金借りた経験ありますか。それはどんな時 でしたか。それが急に必要になった時であればあるほど、お金借りることができて助かったと思います。そうなんです。それがお金借りる事の効果なんです。お 金借りることによって自分に手持ちがない時でもどうしてもやらなければならない事が実現できる。もしお金借りることができなければそれは実現できなかった という事になります。もし手持ち現金がなくて友人知人からでも、両親からでも、金融機関からでも、会社の上司からでもお金借りることができなかったら今の あなたは実現していないでしょう。世の中お金が全てではありませんが、しかしお金がなければ成り立たないことも沢山あります。お金借りることが出来たのは あなた自身、日頃の行いがよいからでしょう。きっと周りの人が困った時にさりげなく手助けしているのではないのでしょうか。そういう事がなければとっさの 時に手持ち現金がないからといって周りの人にお金借りることはできません。なぜなら、とっさの時にお金があなたを助けてくれたように、あなたにお金を貸し てくれた人のことも同じようにお金は助けます。命よりも大切なものはございませんが、こうしてみてくるとお金はこの世で生きていく上で必要不可欠なもので しょう。いつでも必要となった時にお金借りることができるような人間関係を作っておくことはとても大切であり、あなたの人生を有意義にしてくれるでしょ う。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17