フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

250万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

250万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

250万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
250万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
250万円×0.18×1(年)=450,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
250万円×0.02×1(年)=50,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで250万円借りた人の話

子どもの教育代金・費用を調達するために、フリーローンに申し込みをしました。希望額は250万円とまとまった金額なので、必然的に借入先は銀行になりました。消費者金融のフリーローンの場合、総量規制の制限を受けてしまうのです。

自分の年収は550万円ですが、この額だと200万円の借入もできません。250万円を借りるためには、総量規制外のローンを選ぶしかなかったのです。
借入先として銀行を選んだ理由には、実質年率が8.5%と非常に低いこともありました。

事前に借入額に応じた利率が提示されるので、月の返済額、利息などを把握した上で申し込めるのです。消費者金融のフリーローンの場合は、審査に通過するまで金利はわからないので、シミュレーションをするためにも銀行ローンがおすすめです。

250万円の教育代金・費用という高額の借入になりましたが、申込はネットだけでOKでした。

手続きはネット、契約は窓口というパターンは多いですが、利用した銀行はネットだけで融資までいけました。審査においては収入証明書が不要であり、ここもさすが銀行だと思ったものです。

消費者金融のフリーローンは、50万円を超えると収入証明が必要になるそうです。

返済は口座引き落としなので、まったく面倒がありません。昔、消費者金融のカードローンを利用したことがあるのですが、頻繁に無人店舗を出入りしていたら、知人に見つかったことがあります。

プライバシー性を考えるなら、口座引き落としに勝る返済方法はないでしょう。ローンは借りるときも大切ですが、それと同じくらい返すことも重要です。返済しやすいローンを選んだほうが好都合ですし、フリーローンの場合は追加融資を受けるときに増額審査が必要になる点もよいです。

簡単に追加融資を受けられない仕組みは、浪費を防ぐためにいいと思います。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




家族の介護のためにフリーローン

入退院を繰り返してきた高齢の父の面倒をみるために、在宅介護をすることになりました。父親はかなりの高齢のため病気のほか痴呆の症状などかなり進んでおり、常に誰かがついていなければならない状況でした。そこで私は勤めていた仕事を辞めざるを得なくなったのです。

それまでは夫婦共働きでなんとか生活をしてきたのですが、私の収入がなくなってしまうことでかなり経済的に厳しくなりました。父の病気は思いの外長引き、コツコツと貯めてきた貯金も底をつきかけていました。

そんなとき、一時的に生活費に当てるために利用していたのがフリーローンでした。フリーローンなら時間にかかわらず自由に借り入れることができるので、臨時で必要となる金額を用意するのに大変役立ちました。月末の苦しい時に借入をし、その後の給料日で分割返済をしていくことでなんとか乗り切りました。おかげで父の治療費にも窮することなく、無事に見送ることができました。

現在は、再び夫婦共働きに戻り、フリーローンの返済をゆっくり行なっているところです。あのとき一時的に借入ができるフリーローンがなかったら、満足に父の治療や私たちの生活費を捻出することができなかったでしょう。最初はお金を借り入れることに抵抗はありましたが、あのとき思い切って借入を申し込んだことで今こうして納得をして生活をすることができるのだと思います。その後も時々、月末の困ったときには無理をせずに上手に借入をしています。

 

お金借りる前に家族で相談

お金借りることで、夢を現実にすることもできます。できることなら、お金借りることはしないでいたい。借金は悪いこと。そう思っている方もいらっ しゃると思います。借金してまで遊んだり、贅沢な暮らしをしたくない。その考えは正しいと思います。実際、お金を返済できなくなり、苦しんでいる人たちが たくさんいます。多重債務者が多いことが、現在の大きな社会問題の一つでもあります。ですから、安易な気持ちでお金を借りるということは、絶対に良くあり ません。しかし、全ての借金が悪いわけではありません。しっかりとした目的があり、その資金として最小限のお金を貸してもらうなら、賛成できます。例え ば、家を購入する時です。ご存じの通り、家を建てるには多額の資金が必要です。簡単に準備できる人は少ないでしょう。そんな時、住宅ローンを利用できれば 家を建てることができます。銀行が取り扱っている住宅ローンは、比較的低金利です。頭金をなるべくたくさん準備して、お金借りることができれば負担も少な くて済みます。つまり、どのように活用するのかが重要なのです。お金を上手に借り入れて、上手に返済する。この方法で夢を叶えたり、生活を豊かなものにで きるのです。シミュレーションしてみたり、返済計画について、家族でよく話し合って決めて下さい。家族の協力があれば、借りたお金を返済しやすくなるかも しれません。どんな時も、幸せに繋がる借入れができれば良いですね。

公開日:
最終更新日:2017/09/16