フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

240万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

240万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

240万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
240万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
240万円×0.18×1(年)=432,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
240万円×0.02×1(年)=48,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで240万円借りた人の話

かねてより私立の中学校受験のために勉強に勤しんでいた息子が、このたび晴れて志望校に合格しました。親戚みんなで喜んだのもつかの間、今度は説明会などでその入学金や授業料などの詳細が明らかになり、このまま自分の稼ぎだけでうまくやっていけるのかどうか不安になりました。

まずは4月までに入学金と初年度の費用を納めなければならないとのことで、妻と協議してどうにかこの代金・費用を捻出すべく、とりあえずは足りない分を消費者金融のフリーローンで賄うことにしました。

フリーローンではその使用用途が問われることはなく、報告義務もないので自由に使うことができます。ここで240万円の借り入れを行い、息子の中学生活のための代金・費用の一部に充てることにしました。

私の仕事の年収がだいたい850万円くらいということもあり、消費者金融の総量規制が定める限度は満たしているのですが、果たしてこの申請先のフリーローンがどのくらいの基準を設定しているのかが判然とせず、まずは店舗窓口で説明を受けながら申請してみることに。すると丁寧な口調で説明してくれ、これならば大丈夫でしょうという太鼓判をいただきました。

その後、本格的な審査が始まり、審査結果が携帯電話に届くまでにだいたい2時間くらいかかりました。おそらく私の過去の借り入れ履歴を調べたり、会社に在籍確認の電話をかけたりしたようです。結果、何も問題なく、最終的に240万円の借り入れを受けることが可能となりました。

それらの融資金は銀行口座に一括振り込みされ、会社帰りに入金を確認するときちんと振り込まれていました。こうして息子が通う私立中学校の代金・費用はきちんと納付できて事なきを得ました。親として我が子の可能性の芽を潰さずに済んでホッとしていますし、これからもできる範囲でサポートしていかなければと感じています。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




銀行ローン選びは金利だけではありません

銀行ローン選びの重要なポイントの一つは、金利です。金利によって、返済額が変わります。高い金利のものを利用すれば、返済額も高くなります。反対に、低金利のものを利用すれば、返済額も安くなるでしょう。勿論、銀行選びは、金利だけが大事なのではありません。後悔しない銀行ローン選びには、他にも注意するべきことがあります。特に、住宅ローンを利用するなら、しっかりと理解しておきたいですね。住宅ローンを組む場合、支払うのは金利と元金以外にもあることをご存知ですか。各種手数料が発生したり、保証料も必要になることがあります。気にするほどの金額でなければ問題ありませんが、これらは、年利0.2パーセント近くなることもあります。この数字は、決して無視できるものではないと思います。金利だけを注目して比較した場合と、各種手数料や保証料を加えて比較した場合では、違う場合があります。つまり、全てをトータル的に見て、判断することが重要になるのです。金利だけではなく、保証料等も確認して、住宅ローンを選んで欲しいのです。銀行ローンは、住宅ローンだけでなく、他のローンも低金利で利用できる良いローンです。多くの人が利用したいと考えるのですが、審査が厳しいので、利用できない人もたくさんいます。もし、利用できることになったら、是非、よく考えて無理の無い返済計画を立てて下さい。ローン返済は、自己責任で毎月行われていくものです。滞ることの無いよう、気を付けて利用したいですね。

 

お金を稼ぎ出さなければならない人間のパワーの源がお金を借りる事である

お金を借りる事で個人が得られる効果は大きいと見るのが一般的な捉え方かもしれません。しかし、お金と言う紙切れ自体は、そもそも価値の無い物で す。その価値無き紙切れに踊らされる私たちの生き方はどこか歪みを起こしてはいないだろうかと立ち止まってみることも必要なのではないでしょうか。お金を 借りる事は、考えてみればどんな人にも当てはまる行為なのです。毎月必要なものを現金で買って、それで賄うことを実践すれば、日々の生活は素晴らしくメリ ハリの効いたものとなり、困った時に大きな節約を施す必要さえ無くなるのです。しかし、後払いシステム、支払いに猶予が有る現代の支払方法では、使い放 題、買い放題、その基準が個人の価値観や、他人との比較の中で膨張し、限度を無視する結果となるのです。現状、電力不足やガソリンなどのエネルギー不足 は、浪費が招いた悪い結果と見ることも出来、思慮なく、無意識でただそれを使い続けたことの歪は否めることが出来ません。意識的な生活にムダは多く発生し ないのです。明日の糧を堅実に蓄え、実りを多く獲得する方法は、現代、山ほど考えられるからです。お金を借りる事になる現在の多くの支払いシステムは、消 費者がお金を借り続けなければならない状態を造り出します。大きな買い物をする場合のお金を借り入れる事とは区別されるかもしれませんが、その内容はとて も酷似しています。お金を借りる事の効果は、それを稼ぎ出さなければならない人間の明日からのパワーの源であるとも言えるかもしれません。

公開日:
最終更新日:2017/09/16