フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

230万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

230万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

230万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
230万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
230万円×0.18×1(年)=414,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
230万円×0.02×1(年)=46,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで230万円借りた人の話

家具・インテリアの代金・費用として230万円が必要になりました。貯金は50万円程度ありますが、これは万が一のときのために残しておきたいので、230万円はすべてローンでまかないたいと考えていました。

ただ、家具・インテリア専用のローンはなく、使用できるものはフリーローンでした。こちらは用途が自由ですし、担保も保証人も必要ありません。
何より大手銀行がラインナップしており、低金利で借りられるのが決め手となりました。

限度額は300万円まで対応しており、総量規制の対象外です。230万円という少々高額な借入になりますが、審査は問題なく通りました。
この銀行からの住宅ローンの契約もしているので、信用力が高いと判断されたのかもしれません。

住宅ローン契約をしていれば、金利優遇をしてくれるフリーローンは多いでしょう。今回のローンに金利優遇はありませんでしたが、審査は問題なく通過でき、230万円の借入に成功しました。

フリーローンで借りるのはハードルが高いというイメージがありましたが、実際は年収200万円以上あれば融資を受けられるのです。自分の場合は年収350万円ほどあったので、年収基準は簡単にクリアできました。

この銀行では低金利の有担保フリーローンも用意しており、金利は無担保型よりも低く設定されていましたが、担保がないので無担保型で申込しました。

返済日は10日、15日、25日から選択でき、25日に設定しました。元利均等返済方式で毎月返済していき、ボーナス月は繰り上げ返済をして元金を減らしていったのです。繰り上げ返済は義務ではなく、お金に余裕がなければ行わなくてもいいのです。
ボーナス返済を組み込んだ場合は、ボーナスが出なくても該当月は返済しないといけませんが、繰り上げ返済はその点は非常に楽でした。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




子供の教育費用にフリーローン

私達夫婦の子供は、昨年有名中高一貫私立高に合格をしました。学費は公立の中学校に通う場合に比べてだいぶ高額となってしまいますが、卒業後の有名大学への合格率を比べたとき、それだけの価値はあると思って受検をすすめました。入学した私立高では、カリキュラムや授業内容、学校生活のすべてが質量ともに非常にハイレベルで、さすがと思える内容です。このまま順調に勉強を進めてゆけば大学受験は間違いないと確信しています。

ですが、やはり学費の高さは時に生活の大きな負担となります。通常の授業料くらいならなんとかなるものと思い入学を決めたのですが、その他の教材費や遠征費など時どきに収集されるお金は、給料日前に直撃されるとどこから捻出しようかと本当に一苦労です。

そんなとき、フリーローンの存在を知って一気に目の前が明るくなった気持ちになりました。フリーローンはいつでも自由にお金を借り入れることができるので、つい子供から伝え漏れのあったお金の徴収にも慌てず対処をすることができます。さらに、分割で返済ができるので、子供の成長をゆとりをもって見守ることができます。

先日も見学授業に出席するための交通費を求められたましたが、待たせることなく子供に持たせることができました。せっかくの有名校に入学したのですから、子供にはぜひ楽しい学園ライフを送ってもらいたいと思います。毎朝嬉しそうに通学をしてゆく子供の背中を見守ることが、今私達夫婦にとって最も幸せな瞬間です。

 

ゆうちょ銀行の便利なサービスを利用したお金借りる方法

ゆうちょ銀行でお金借りるには、とても便利な方法があるのをご存知でしょうか。ゆうちょ銀行の総合口座を持っていれば、総合口座で管理する定額貯 金、定期貯金を担保として、通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、自動的に貸付けを行っているのです。返済は通常貯金への預入で完了です。 貸付け金額は、預入金額の90%相当額になります。ただし1冊の通帳につき300万円までとなります。貸付期間は、貸付け日から2年となります。通常貯金 の残高を超える払戻しがあった場合に不足分を自動で貸し付け、通常貯金の残高がマイナスになります。貸付金額と貸付利子を、通常貯金へ預入することで返済 します。貸付期間内であれば、返済回数、および1回あたりの返済金額に制限はありません。金利は、担保定額貯金を担保とする場合、返済時の約定利 率+0.25%、担保定期貯金を担保とする場合、預入時の約定利率+0.5%となります。総合口座での貸し付けの他に、ゆうちょ銀行では、財形定額貯金、 財形年金定額貯金又は財形住宅定額貯金を担保として、請求時の現在高の一定割合に相当する額の貸付けを行っています。貸付期間は最長2年です。このほか に、 総合口座で管理するゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した国債を担保として、額面金額の一定割合に相当する額を最長1年、お金借りることができま す。貸付けは、通常貯金の現在高を超える払戻しがあったときに、その不足分が自動で貸付けられます。その他、ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンを代理業者 として媒介していて、スルガ銀行の各種個人向けローンの申し込みも受け付けています。ゆうちょ銀行は、全国に店舗を持ち、近所に見かけることが多いもので す。利便性は、お金借りる際も返す際もスピード面で効果をもたらします。お金借りる際には、身近なゆうちょ銀行のサービスに着目して、上手に利用すること を検討してはいかがでしょうか。

公開日:
最終更新日:2017/09/16