フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

200万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

200万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

200万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
200万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
200万円×0.18×1(年)=360,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
200万円×0.02×1(年)=40,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで200万円借りた人の話

消費者金融会社3社の借り入れを銀行のフリーローンで借り換えました。借入限度額は200万円です。消費者金融で借りたのは1社が100万円、後の2社が50万円ずつの合計200万円です。3社とも既存で利用したことがあり短期資金として借りたのですが、期間が2か月以上に延びそうであるため低金利の銀行フリーローンを申込んでみました。

申込みは休日の土曜日に自宅のパソコンからweb申込をしました。審査は翌営業日の月曜日に行われ無事に仮審査が通過したところで電話連絡がありました。電話では必要書類の提出と本審査が通過した場合のカードの受け渡し方法の説明がありました。カードは郵送か自動契約機で取得するということで、私の場合は早く借り換えしたかったため自動契約機を選択しました。ちなみに郵送だと3~4日から1週間ほどかかると言われました。

200万円という金額でしたが、実際には1日で契約まで完了したというところでした。銀行内に設置してある自動契約機でカードを入手するとそのままATMで融資を受け、その足で消費者金融会社3社を回り借り換えが完了しました。

大きいのは、借入金利が18%弱から9.6%に下がったことです。また、このフリーローンを契約するのに要した代金・費用はゼロ円でした。通常かかる保証料については、金利の中に含まれているとのことで銀行から保証会社に支払われていました。また、事務手数料や年会費も無料でした。

さらに、この商品はいつでも手数料無料で繰り上げ返済できるようになっており大変便利です。もともとは最短で1か月長くても5か月の予定で借りたお金でしたが、金額が200万円ということで毎月の金利負担だけでも馬鹿にならず、最短では返せそうにないと思った段階で即効で銀行フリーローンを申し込みました。

 

銀行のフリーローンを低い利子で借りる

銀行のフリーローンは低い利子で借りられて、初心者でも安心できるというメリットがあります。銀行には住宅ローンや、カーローンなどの目的別ローンがありますが、フリーローンは利用目的が決まっておらず、資金の使い道は自由なローンのことです。ただ「何に使うかが決まっている」のならば、目的別ローンを利用するほうが、低い利子で借りることができるかもしれませんので、フリーローン以外にも利用できるローンはないか、考えてみましょう。

銀行のフリーローンは「同じ銀行に預金口座を開いている場合、そのキャッシュカードにローン機能を持たせることができる」「同じ銀行の他の商品を利用している場合、より低い利子でフリーローンを利用することができる」といったメリットがあります。また、ローン初心者の方は、まったくお付き合いのない金融機関を利用するよりは、すでにお付き合いのある銀行でフリーローンを利用できれば安心ですよね。

銀行のフリーローンだけに限らず、信販会社、消費者金融などの商品にも共通することですが「利用限度額を大きくしてもらえるほど、低い利子で借り入れができる」と言えます。たとえば、利用限度額が50万円の人と、300万円の人がいた場合、同じ1万円を借り入れたとしても、利用限度額300万円の人のほうが、低い利子で借りられるのです。もちろん、多額のお金を貸し付けられるかどうかの審査は、銀行ですから厳しいものです。利用審査に落ちたという事実は作らないほうがいいので、年収や資産の状況がゆるす範囲内で、利用限度額をできるだけ大きめにとってもらうのがいいと言えます。

 

カードローン審査の必要性③

カードローンを申し込んだ時必ず受けなかればいけないのがカードローンの査定です。カードローン審査の必要性はあるのでしょうか。カードローン申込みに行くということは、お金を借りようとしているということです。お金を借りようとしてるのだがカードローンの場合は担保というものを必要としないのです。担保がなければ、もし、返済が滞ったりした場合、それはすぐさま損益になってしまいます。そんなことにならないようにカードローンの査定はお金を貸した相手がお金の返済が出来る人かどうかということを審査するのがカードローンの査定なのです。カードローン審査の必要性はその審査に合格しない人にはお金を貸さないというところにあるのです。カードローンの会社はお金を貸さなければ商売にはなりませんので、なるべく多くの人にお金を貸すことが必要となりますが、もし、貸した人が最初からお金を返済能力がない人だとわかっていたらその貸したお金は絶対に戻って来ません。そんな人に貸すわけには行きませんので、そういう信用のない人を除いているのがサードローンの査定なのです。カードローン会社にとって、カードローン審査の必要性は会社を健全に運営するというところにもあるのです。カードローンの査定に通らないということは申請した人がカードローンの返済が難しいと思われているということです。その線引きを何処でするかというのはカードローン会社の運営方針によるところが大きいでしょう。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17