フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

20万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

20万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

20万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
20万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
20万円×0.18×1(年)=36,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
20万円×0.02×1(年)=4,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで20万円借りた人の話

私がフリーローンで20万円を借りることになった原因は、飼い犬の手術代です。買っている犬が病気にかかってしまい、その手術台と入院費でどうしても20万円程足りなくなってしまいました。親や友人に頼ることもできず、自分で何とかしなければ、と消費者金融を頼ることにしたのです。

本当はあまり利用したくはありませんでしたが、どうしても入院と手術の代金・費用を捻出することができず、思い切って申込むことにしました。

申込みをするにあたり調べてみたところ、初回利用の場合には無利息機関がある、というサービスをおこなっている会社がありましたので、そちらに決めました。テレビCMなどでもよく目にする会社でしたので、やはりこういった有名な所の方が良いだろう、という考えからも申込み先を決めました。

実際に申込んでみたところ、基本的な個人情報を入れて申込んだ後、すぐに電話がかかり、具体的にどのような仕事をしているか、などを聞かれ、会社に在籍確認をする旨を伝えられました。

会社には消費者金融からお金を借りていることを知られたくはありませんでしたが、消費者金融からの電話であるとわからないように個人名で会社に電話を掛ける、と言われましたので、それならば安心だと思い、申込みを続けました。

在籍確認が取れた後また電話がかかってきて、50万円までなら借りることができる、と言われました。限度額いっぱいまで借りることも考えたのですが、無利息機関内に全て返済しようと思っていましたので、必要な金額だけ借りることにしました。実際に借りた金額は20万円で、無利息機関内にきちんと返すことができましたので良かったです。

私が想像していたものよりも簡単に申込みが完了しましたので、とても助かりました。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




銀行ローンのフリーローンを賢く使う

銀行からお金を借りたい場合のローンの活用法は、様々あります。目的に合わせて利用することができるので、多くの方が利用しています。又、中には、自分で目的を決めて利用することができるものもあります。銀行ローンのフリーローン。ご存知の方も多いのではないでしょうか。このローンの特徴は、始めから目的が決まったローンとは異なって、利用者の個人的な目的によって、組めるローンです。つまり、一人一人のライフスタイルに合わせたローンなのです。

例えば、おしゃれな家具の購入。旅行に行く為の資金。資格取得のための資金等々、多くの場合、自分の自由な目的でフリーローン会社は利用できるのです。銀行によって、内容が異なるので、色々調べてみると良いかもしれません。又、利用するには、審査を受けるのですが、これも又、銀行によって異なります。多くの場合、希望通りに目的を決めることができるのですが、事業資金には使えないので、気を付けて下さい。

ネット銀行含め、銀行のフリーローンは、安心して利用できるローンです。金利も低く、嬉しいメリットが少なくありません。特に、フリーローンは、使い道が自由なので、夢が広がりますね。可能になることも多いのではないでしょうか。利用する際は、良く考えて下さい。決して、無理なローンは組まないで下さい。便利なローンですが、軽い気持ちで利用してはいけません。これは、どこのローンでも、どんなローンでも同じです。それが、ローンを組む時の一番重要な注意点です。忘れないで下さい。

 

カードローン審査の流れとしての基準

カードローン審査の流れの基準というものが、それぞれの貸金業者にはあります。そのカードローン審査の流れの基準としてなのですが、借入件数と借入額の合計があります。基準としてそれぞれの貸金業者で設定している部分です。ですので、逆にいいますと、ある貸金業者で審査を突破できなかったからといいまして、すべてに突破できないわけではありません。基準について違いがありますので、自分の状況でも借りられる場合は十分にあります。ただしもちろん一定の基準もあります。カードローン審査の流れとしての基準として確実にあるものなのですが、まずは総量規制です。それは借金総額に関わる部分で、年収の3分の1以上の借金がありますと、これはどこでも融資が受けられません。また3分の1以下でもい、厳しいと判断されましたら審査でおとされます。そのあたりの基準もあります。一方で借入件数につきましては、2社以下という一つの基準があります。2社である場合には、3社目として査定を突破できる可能性もあります。ただしこれは仕事先により左右される部分です。仕事先によるということなのですが、中小企業の場合につきましては2社ありますともう厳しい場合があります。1社までということを基準にしている貸金業者も多いのです。そして、大手の企業に関しましてはすでに3社の借り入れがある方につきましても、査定を突破できる可能性があります。安定性や収入も仕事先は関わりますので、そのような差が生まれているというわけです。基準として把握しておくことがお勧めです。

公開日:
最終更新日:2017/09/16