フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

190万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

190万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

190万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
190万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
190万円×0.18×1(年)=342,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
190万円×0.02×1(年)=38,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで190万円借りた人の話

夢だったパン屋を開業するための資金として、フリーローンで190万円を借り入れしました。

学生時代から手作りパンが趣味だったんです。やがて結婚して子育てが終わったころから本格的にパンの道を追求するようになりました。その後しばらく自宅マンションでパン教室を開いたり、自家製パンの販売もしていたんですが、どうしても自分のお店を持つという夢をかなえたくて…。

夫婦でよく相談した結果、小さな居ぬきの物件を借りて開業することに決めました。

ただ、開業資金に親から借りたお金と、自分たちの貯金をあてるつもりでしたが、資金を計算してみるとちょっと足りなくて…。それにまだ学校に通っている子どももいますし、貯金全額をパン屋の開業に使うこともためらわれ、融資を受けることにしました。

最初は公的な補助金や自治体の融資にチャレンジしたのですが、審査や条件が厳しくて無理でした。そこで地元の銀行のフリーローンを申し込んでみたところ、審査に通って190万円を借り入れることができたんです。実は今のマンションは親から継いだもので住宅ローンを組んだことがなく、フリーローン自体も始めての経験でした。

最初は審査に通るかどうか心配でしたが、無事にお金を借りることができてほっと一安心。申し込みもインターネットからできますし、審査も早くてこんなに簡単なのかと驚くほどでした。利息も負担にならないレベルなので助かりました。

借りた190万円は店舗の改装や厨房機器の代金・費用にあてて、めでたく開業することができました。ありがたいことにパンの売り上げも上々で、毎月きちんとローンを返済できています。全額返済を目標に、お店を頑張って繁盛させていきたいです。


150万円超~200万円以下の金額で借りたい方は、
下限金利の比較では「年5.0%~12.8%」と優位となるオリックス銀行がおすすめです!
オリックス銀行カードローンの詳細内容と審査の申込ページへ




 


フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




リフォーム時の家具購入にフリーローン

先日子供たちが独立をしたことをきっかけに、我が家をリフォームすることを決意しました。最近は、住宅ローンにもリフォームに対応した種類のものがあり、住宅そのものの改修費用についてはなんとか工面ができるようになりました。ですが、私どもが長年お世話になってきた銀行で提供される住宅ローンには、限度額や最長支払い期間などが厳しく定められていたのです。

リフォームが完成した暁には、これまでとはがらりと変わった最新式のキッチンやバスルーム、リビングとなる予定です。しかし、私にとって気がかりなのが、せっかく部屋が新しくなるのにそれに見合った家財道具を充分に備えることができないのではないかということです。

主人や姑などはあまり家具にこだわりがないらしく、使うことができれば今のものを使い続ければよいだろうと簡単に言うのですが、私としては納得ができません。嫁いでからずっと古臭い家具に囲まれてきたこともあり、自分の気に入る家具を揃えたいとずっと思ってきたのです。

そこで、自分名義でフリーローンを借りることを思いつきました。フリーローンなら住宅ローンのように厳しい審査や条件をつけられることなく、自由に借入をすることができました。今は私自身で選んだお気に入りの家財道具を揃え、快適な新生活を始めています。最初は居心地悪そうにしていた主人と姑でしたが、使い続けてみたらやはり新しい家財の方がよいということに気がついてくれたようです。今は私のセンスのよさをほめてくれたりもしています。

 

カードローン審査の必要性②

カードローンを利用する場合、申込みをした後に査定を受ける必要があります。このカードローン審査の必要性は、会社にとっても自分にとっても必要な ものです。特に、会社にとってはカードローン審査の必要性はとても高いです。何故なら、査定をせずに、申込みをした全ての人にサービスを提供すると、利用 者の中には、ローンの返済を上手く行えない人もいます。そのため、カードローン審査の必要性はとても高いのです。何故、査定をする必要があるのかとゆう と、利用者がローンを組んだ場合に、しっかりと返済することができるのか、また信用はあるのかなど、色々な事を考慮するために査定をします。例えば、仕事 をしている人と、仕事をしていない人の場合だと、仕事をしている人は毎月安定した収入がありますが、仕事をしていなければ収入がないため、ローンを組んで も返済するのは困難になります。会社にとって、お金を貸して、その金額が戻ってこなければ、それはとても大きな損失になります。そのため、このように査定 をしっかりとして、お金を貸すことができるかどうかを査定するのです。カードローンを利用したくても、査定に落ちると利用することができません。そのた め、人によっては上手く利用することができる会社を見つけることができない場合もあります。しかし、会社によって査定の基準は色々と違ってきます。そのた め、自分の仕事や収入を考えて、自分でも利用しやすい会社を選ぶと良いです。

公開日:
最終更新日:2017/11/08