フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

180万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

180万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

180万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
180万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
180万円×0.18×1(年)=324,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
180万円×0.02×1(年)=36,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで180万円借りた人の話

私は、とある事情で大きなお金が必要になり、銀行で融資を受けることにしました。最初はカードローンに申込みをしたのですが、限度額が50万円となってしまいました。

私は年収が550万円くらいで、過去にクレジットカードなどの延滞は一度もありません。他社からの借入もなかったのに50万円しか借りられないのは低すぎると思いましたが、調べてみたところカードローンは高額な融資を受けることには向いていないようでした。

高額な融資を受ける場合、目的別ローンが最もよさそうでしたが、目的別ローンでは資金使途が限定されていて、私の事情のためには利用ができませんでした。

そこで、フリーローンに申込みをしてみることにしました。その前に、クレジットカードは必要なものを除いてすべて解約しておきました。そうすることで少しでも審査に有利になります。金融機関はメガバンクにするか地方銀行にするかで悩みましたが、相談がしやすそうな地方銀行で借りることにしました。給料の振込み口座にも使用していたので、少しでも有利になるかもしれないと思ったからです。

審査の結果、180万円を借りることができました。住宅ローンのように、手数料などの代金・費用がかかることも覚悟していましたが、手数料などはいっさいかからず、利息の支払いだけですむようでした。

ただし、繰上げ返済手数料はかかるようでした。繰り上げ返済をする場合には、それなりに大きな金額を支払わないとかえって損をすることもあるので注意です。

予定では3年かけて返済をするはずでしたが、ボーナスなどを利用しておよそ1年で完済してしまいました。支払った利息は20万円くらいですみました。カードローンで同じ金額を借りるには多重債務者にならなければならなかったでしょう。フリーローンというサービスがあってよかったです。

 

銀行ローン審査内容の一部について

銀行ローンには、様々な種類がありますね。目的に合わせて選ぶことができます。又、銀行ローンは、金利が低いことも魅力です。できるだけ返済額は、少ない方が良いと思うもの。銀行ローンがお勧めです。では、どうしたら、利用することができるのでしょうか。銀行ローンに限らず、ローンを組む時は、審査を受けます。審査内容は、それぞれの業者で異なり、利用したい業者の用意している条件を、全てパスしなければなりません。銀行ローンを利用したいと思ったら、より厳しい審査が待っていると思って下さい。利用したいローンの種類によっても違いますが、住宅ローンなら、満20歳から70歳未満としているところが多いようです。そして、最終返済時、満80歳未満としているところが多いです。住宅ローンの場合、長期に渡って返済を続けて行くので、年齢も重要になってくるのです。ですから、住宅ローンを利用して、家を購入したいとお考えであれば、あまり遅くならないうちに、購入した方が良いことも考えられます。又、やはり収入についても条件があります。そして、勤続年数についても、条件がある場合があります。転職したばかりの方や、働き始めて間もない人等は、難しいかもしれません。又、団体信用生命保険に加入できるのかどうか。加入についても、条件としてあげられています。銀行によって、審査の内容は違うので、必ず確認してから検討して下さい。そして、計画をしっかり立てて、利用するようにしてください。

 

返済能力を確認するために、カードローン審査の必要性があります

カードローン審査の必要性について、書かせていただきます。まずカードローンは、金融会社や銀行から指定された銀行口座を通じて、ある程度のお金を 融資してもらう事です。お金を融資してもらうという事は、融資してもらったお金と年利などで発生した利子を支払わなければいけません。基本的には、お金を 融資してもらった場合、早めに返せばその分利子が少なくなりますので、お得になっていきます。そんなカードローンなのですが、一番最初にカードローンの審 査があります。カードローンの審査を通過することができなければ、カードローンを利用することができませんので、気をつけていただきたいと思います。審査 基準としましては、一定の収入があるかどうかと過去に事情などにより決まると思います。もし一定以上の収入が無い場合は、融資側からしますと、お金を融資 しても、帰ってくる可能性が低いです。また、融資側からしますと、お金を融資して、その利子で経営を行っていますので、大打撃を受けてしまう事になりま す。融資する側もなるべく、不利な事にならないようにする為にカードローン審査の必要性があると私は考えています。なるべく融資したお金がちゃんと戻って くるようにカードローン審査の必要性があります。カードローンでお金を貸りた場合には、きちんとした対応で、お金を返済してもらいたいと思います。決し て、お金を返済しないなどの行動を起こさないようにしてください。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17