フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

170万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

170万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

170万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
170万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
170万円×0.18×1(年)=306,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
170万円×0.02×1(年)=34,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで170万円借りた人の話

フリーローンで170万円を借りようと思ったきっかけは、車の購入代金・費用をカバーするためです。

当初はカードローンを検討していましたが、フリーローンのほうが金利が低いですし、一括で170万円を借入するのでカードで借りる必要性もないと考えたのです。実質年率は12%台に設定されており、銀行のカードローンよりも低い設定です。

本当はオートローンを利用できればいいのでしょうが、目的ローンは審査が厳しくなっています。それゆえオートローンで審査不可となった方が、多目的ローンで代用するケースは非常に多いそうです。

申込したのは銀行のフリーローンであり、総量規制の対象にならないのが特徴でした。自分の年収は500万円なので、借入できる金額は年収の3分の1です。
170万円の借入だと無理なのですが、銀行融資なので借りることが可能となりました。

審査は一発で通過できましたが、通過できた秘訣は利用目的を明確にしたことだと感じます。

生活費全般に使うのではなく、自動車の購入代金・費用の調達という項目にチェックしたので、目的融資と判断されたのでしょう。多目的ローンは用途を問われませんが、目的を伝えておくと借りやすくなると昔から言われています。

審査にかかった時間は2日であり、融資はその3日後となりました。借入額がそれなりに大きいので即日融資とはなりませんでしたが、オートローンよりは随分と短いです。

友人がオートローンを組んだときは、申込から融資まで3週間はかかったと言います。連絡が来ないので審査に通らなかったと考えたそうですが、忘れたころになって融資可能との連絡が来たそうです。

今回利用した銀行のフリーローンは、1週間以内に借入できたので十分に早いと言えるでしょう。


150万円超~200万円以下の金額で借りたい方は、
下限金利の比較では「年5.0%~12.8%」と優位となるオリックス銀行がおすすめです!
オリックス銀行カードローンの詳細内容と審査の申込ページへ




 


フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




意外と高い弁護士費用はフリーローンで

まさか自分が巻き込まれることになるなんて、というちょっとした土地の権利争いで民事裁判に関わることになってしまいました。それまであたリ前に利用していた土地だったのですが、調べてみたところ他に所有者がいるということがわかり、相手方がしつこく権利を主張してきたのです。相手方の主張にはあまり筋が通っておらず、まともに裁判をすれば私どもが勝つことは最初からわかりきっていました。

ところが、実際の裁判となったときには雇い入れる弁護士費用は自分たちで用意をしなくてはならないと教えられ、愕然としてしまいました。民事裁判の場合、成功報酬の数%程度を支払うのが一般的ということで、勝訴となった場合にもその分の費用を用意しなくてはなりません。

もともと、私達は土地は持っていてもそれほど資産を持ちあわせているわけではなかったので、高額な弁護士費用を用意するのは簡単なことではありません。しかしかといってごねられて始まった裁判を放置することもできないので、なんとかして必要な費用を作らなくてはいけません。そんなとき、フリーローンの利用を思いつきました。

フリーローンなら、目的についてあれこれ尋ねられることなく、簡単な申込で迅速にお金を用意することができます。しかも、返済は分割などでゆっくり行うことができます。フリーローンで用意した費用を使い、幸い優秀な弁護士さんを雇うことができました。これで土地を譲り渡してくれた親も喜んでくれるでしょう。

 

カードローン審査の必要性①

誰でも気軽にコンビニでお金を借りることのできるカードローン。ただしそれを利用するためにはいくつかの条件があり、その査定をクリアされた方だけ がカードローンを利用することができます。なぜこのようなカードローン審査の必要性があるのでしょうか。それは多重債務者になることを未然に防ぐためで す。カードローンといえば聞こえはいいですが、要するに借金のことを指します。急な出費でどうしても現金が入用なのですが、今は持ち合わせがない。そのよ うな場合にカードローンは大変役に立ちます。ただし、カードローンは便利である反面、そのリスクも大きくついてきます。いくら後で返済すればいいからと いって無闇やたらとローンを組めばいずれは限度額に達し、返済不可能な状態になります。そのような計画性のない方にカードローンを利用させることは本人の ためにはならず、そのような事態にならないようにするためにカードローン審査の必要性が叫ばれるのです。本当ならば明るい人生計画をサポートするための カードローンが、使い方を間違えたばかりにその人の人生を不幸にしてしまうようなことはあってはいけません。あくまで借りる方のことを思っているからこ そ、カードローン審査の必要性は重要なものになるのです。計画的にローンを組むことで、多くの利用者に明るい人生を送ってもらう。そのために、カードロー ンはあります。利用される場合はきちんと前もって計画をたて、浪費はせず、目的にそって使いましょう。

公開日:
最終更新日:2017/11/08