フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

140万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

140万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

140万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、
参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
140万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
140万円×0.18×1(年)=252,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
140万円×0.02×1(年)=28,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで140万円借りた人の話

多目的ローンで140万円を借りるとなると、かなり大きな金額でしょう。実際、カードローンで140万円を借りる方は少ないと聞きますが、フリーローンなら意外と多いようです。

このたびフリーローンで140万円を借りようとした理由は、生活費にも使えるビジネスローンが欲しかったからです。ビジネスローンの場合だと、生活費その他代金・費用に使うことはできません。ビジネスに特化したローンなので、多目的ローンとして使えないのです。

カードローンの場合は、ビジネス目的の貸出には対応していないのが普通です。そうした理由から、用途自由のフリーローンを選んだわけです。

審査の内容は以前に利用したカードローンと同じ感じでした。WEB完結ができるローンだったので、窓口に行くことなく借りられました。
担保・保証人は不要ですが、家や自動車などを所有していたので、この点は審査で高評価されたのかもしれません。

フリーローンの金利は11.5%とかなり低く、カードローンよりも返済が楽でした。

100万円超の借入になると、1%の金利の重みがよくわかります。お小遣いとして数万円を借りる場合とは異なり、月々の返済額の差となってはっきり現れます。
何よりフリーローンは最初に一括融資を受けるタイプなので、安易に増額融資を受けられません。

これは賛否両論があるでしょうが、自分にとっては好都合でした。追加で借りる癖がついてしまうと、借金を減らすことが難しいのです。

フリーローンは一括で借りて、あとは毎月返していくだけです。月の返済額は業者の指定する最低額とし、あとは繰り上げ返済を併用していきました。利息を少しでも抑えるためには、元金充当額をいかに増やしていくかです。

 

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




銀行のフリーローンを安い金利で利用する

銀行のフリーローンは、安い金利で利用することができますし、利用限度枠が大きいことが特徴です。そのため「複数のローンを、銀行のフリーローンで一本化する」ことで、返済総額が抑えられることも多いのです。銀行のフリーローンの中には「おまとめローンとしてご利用いただけます」と、しっかり記載されている商品もあります。

しかし、フリーローンで借り換えたり、債務を一本化したりするのには、手間暇がかかります。今、借り入れをしている金融機関に「利息を安くしてほしい」「利用限度額を大きくしてほしい」という交渉をする、という方法もあるのです。現在利用している金融機関の「相談窓口」「お客様センター」というところに、まず相談するのも良いかもしれません。

そのうえで、銀行のフリーローンの安い金利が魅力的で、借り換えをするということを決めたら、まず「今の借金総額がいくらなのか?」を考える必要があります。また借り換えを実行する前に「過払い金の請求」を行って、支払いすぎた利息を取りもどすようにすると、事態が変わってくるかもしれません。

一人で考えていると「どういう方法があるのか?」「自分にとって有利なのはどの方法か?」ということがわかりにくいかもしれません。弁護士さんや、借入総額が140万円以下の場合には司法書士さんに相談をしてみましょう。債務の一本化や、より安い金利のローンへの乗り換えをするなら「やり残し」「間違い」があってはいけないので、専門家に相談する価値があると思います。

 

カードローン審査の必要性について①

ローンという言葉はあちこちで聞く思います。それくらい種類があるローンですが、その中のカードローンは最近ではキャッシングと同じような意味で使 われることもあるようです。もちろん厳密には違いますがそれで問題ないようです。カードローン、つまりは借金ですから、借りる前には必ず査定と呼ばれる審 査を受けます。お金を貸すわけですから、返ってくることが前提です。ですから査定は将来にわたってその人が返済してくれるがどうかを見ます。カードローン は大きく分けて、信用情報への照会、スコアリング、在宅・在籍確認となります。このように2重3重と査定を通ってから始めてお金を借りることができます。 カードローン審査の必要性とは何でしょうか。先にも言ったように貸す側にとってはカードローン審査の必要性とは貸す人を選ぶことができることです。誰にで もお金を貸せるわけではありません。別の言い方をすれば貸す側と借りる側の信頼関係の確認ともいえるかもしれません。では借りる側にとってのカードローン 審査の必要性とは何でしょうか。借りたいときに貸してくれればいいと思う人もいるかもしれません。しかし、他にはないのでしょうか。それは信頼されている ことを自覚することではないでしょうか。お金の貸し借りは上記のように信頼関係で成り立っています。もちろんそれを契約と呼ぶのですが、結局は信頼です。 貸す側は返してくれると信じているから貸すのです。借りる側はそのことをきちんと認識する必要があるのではないでしょうか。

公開日:
最終更新日:2017/09/16