フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

120万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

120万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

120万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
120万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
120万円×0.18×1(年)=216,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
120万円×0.02×1(年)=24,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで120万円借りた人の話

カードローンは繰り返し利用できる多目的ローンとして便利ですが、借りすぎてしまう方は多いでしょう。自分も借金癖があるので、カードローンで高額融資を受けてしまうと、なかなか完済できないのです。

今回、フリーローンで120万円という借入をした理由も、カードを持ちたくないという理由からです。初回に必要代金・費用を一括で借りて、あとは毎月返済だけしていけるので楽です。

返した直後に借りてしまうパターンが一番よくないので、これを防ぐためにはフリーローンしかないと考えました。

120万円という金額は、トイレや浴室のリフォーム代金・費用です。銀行のリフォームローンは審査に落ちましたが、別の銀行のフリーローンに申し込んだら審査に通過できたのです。

フリーローンは多目的ローンですが、カードローンやキャッシングよりは金利が低く抑えられています。年率で5%程度も低かったので、120万円という高額の借入においてはかなり影響してくるでしょう。

銀行フリーローンの実質年率は10.0%とかなり低いものでした。貸付条件がよいので審査は厳しいと思っていましたが、特に問題なく借りることができました。
融資までの日数はカードローンよりも長く、申し込みをしてから1週間後の融資です。

今回、フリーローンを利用してわかったのは、金融機関によって金利がかなり異なることです。カードローンやキャッシングは金利相場が大体決まっており、銀行も消費者金融も15.0%~18.0%の設定になっていることが多いですが、フリーローンに関しては10.0%~18.0%くらいの開きがあるのです。

一桁の金利で借入できる銀行もありましたが、審査基準が高かったので今回の銀行に決めました。

 

銀行のフリーローンは利子が安い

銀行のフリーローンにどんなイメージがあるでしょうか?なんといっても「銀行だから安心」「利子が安い」「審査に時間がかかる」というイメージが強いですよね。せっかくローン利子が安い銀行のフリーローンを見つけたとしても、利用審査に通らなければ、契約をすることができません。そして「審査に落ちた」という事実があったり、あまりにも短期間に利用申し込みを繰り返したりすると、ますます審査が不利に進んでしまうことになります。利用審査の基準というのは公開されていませんが、落ちた人には共通の特徴があります。

一つは「勤続年数が短すぎる」というケースです。転職が前向きに受け止められるようになった現代ですが、特に銀行の審査では勤続年数が1年未満だと、審査を通過するのは厳しくなるでしょう。勤続年数は、すぐに伸ばすことができず、すでに登録されている個人信用情報と矛盾のある内容を利用申込書に書き込むと、警戒されてしまいます。できれば1年くらい、銀行のフリーローンならば2年くらいは同じ会社に勤め続けてから、利用申し込みをするといいでしょう。

また審査に落ちてしまった場合は、他社に次の利用申し込みをする場合でも、1か月半以上は空けると良いでしょう。過去1年以内にクレジットカードやローンカードなどを申し込んでいる人も、資金繰りが切羽詰っているなら仕方ないですが、できるだけ借入件数を増やさないようにしましょう。どうしても利子が安い銀行のフリーローンを利用したいなら、他のクレジットカードやローンカードの借り入れを返済し、契約を解除してから申し込むとより安心と言えます。

 

カードローン審査のポイント

カードローンを利用する人は多くいます。最早、現代社会では、カードローンを使うことは別に珍しいことではなくなりました。しかし、カードローンも 無制限に使えるわけではありません。カードローン審査のポイントをしっかりと押さえておいて、いざ申し込む時に断られないようにすると良いでしょう。カー ドローン審査のポイントですが、まずは、その人に収入です。これは、カードローンを申し込む時にもっとも重要なことになります。いざ、使う時に審査される こともありますし、カードを発行される時に審査されることもあります。後者の場合は、限度額までならほぼ無条件に貸してくれることになります。基本的に、 収入が無い人には貸しませんし、カードそのものを作ることができないことを覚えておきましょう。ですから、独立開業するときなどは、企業に就業している間 にカードを作ってしまっておきましょう。そうでないと、独立開業した後では、カードの審査が通らないことがあります。いくら自営業で儲けていても、カード を発行してくれないことがあります。もう一つ、カードローン審査のポイントがあります。それは、返済履歴です。ブラックリストに載るほどではないが、返済 を遅延させていたりすると、査定で弾かれることがあります。ですから、日ごろから返済はキチンと行うようにしましょう。そうでないと、いざという時に申し 込んでも拒否されてしまうことになります。十分に注意してください。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17