フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

1000万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

1000万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

1000万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
1000万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
1000万円×0.18×1(年)=1,800,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
1000万円×0.02×1(年)=200,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで1000万円借りた人の話

1000万円の高額融資となると、ほとんどのフリーローンは対応できません。
多目的ローンの限度額の相場は500万円や800万円などが多く、それを超えた融資に対応しているのは一部です。
消費者金融や銀行でも対応外であることが多いですが、地元の信用金庫が1000万円まで借りられるフリーローンを用意していました。
この金額になると有担保だと思いましたが、担保・保証人なしでOKだそうです。
用途は事業資金以外ならOKなので、借入目的の大規模リフォーム代金・費用として借りる分には問題ないそうです。

審査では正職員であることが条件として提示されました。
低金利、高限度額、さらに総量規制の対象外ですから、非正規の方は借入できないようです。
用意したものは身分証明と収入証明であり、契約においては来店の必要がありました。
金額が1000万円と大きいこともあるのでしょうが、信用金庫の場合は来店契約を基本とするところが多いようです。
やはり対面与信により、相手を見極めてから融資したいと考えるのでしょう。

審査に要した期間は3日間で、結果は1000万円の融資可能でした。
それから2日後の融資となり、窓口で契約手続きをしてからの入金となりました。
適用金利は3.5%と非常に低く、これはカードローンやキャッシングでは実現が難しいでしょう。
返済方法は毎月の指定日に口座引き落としとなります。
それに加えて、ボーナス月に30万円の追加返済を行いました。
高額融資のローンになると変動金利タイプが多くなりますが、固定金利タイプも探せば見つかります。
家計に余裕がない方は、景気変動の影響を受けにくい固定金利タイプが無難だと思います。
銀行で低金利のフリーローンが見つからない場合は、地元の信用金庫も含めて探してみてください。

 

フリーローンで借りれる金額

銀行や消費者ローンのフリーローンで借りれる金額の上限は、300万円、500万円あたりが多く、会社によっては無担保で1000万円まで借りれる会社もあります。ただ、最初から限度額上限まで貸してくれるところは、勤務先が大手上場企業でかつ既に借りているローンがほとんどないなど属性が非常に良い場合を除いては実際には少なく、借りた金額をきちんと返済することで実績ができ、いつしか融資枠が満額まで増えるというケースがほとんどです。

お金借りることは大きな責任を負うこと ~ (お金を借りるtop)

お金借りることは、どのようなイメージがありますか。良いイメージと悪いイメージの両方あるのかもしれません。良いイメージは、突然の出費に対応できることでしょうか。家に帰るタクシー代が急に必要になった時等、キャッシングできると便利です。家族といっしょに暮しているなら、立て替えてもらうことも可能でしょうが、一人暮らしをしているならそれはできません。何が起きても自分で解決するしかないのです。お金が急に必要になって頼る人がいない時、お金借りることで解決できます。

普通に暮らしていればそんなことはあり得ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、思いがけないことが起こるのが人生です。病気になった時、病院代がかかります。通院に長くかかることもあるでしょう。ケガをした時も同じことが言えますね。自分の身に降りかかったトラブルを解決する方法の一つとして、お金借りることもあるのです。悪いイメージはどんなことがあるでしょうか。自分の収入だけで生活ができないイメージ。簡単に借金するクセがあるだらしないイメージ等でしょうか。確かに、マイナスイメージがあることは否めませんね。どんな理由があってお金借りるにしても、借りたからには責任を持って返済しなくてはなりません。支払い期日を守り、約束した金額を必ず返していかなくてはなりません。ですから、お金を借りるということはとても大きな責任を負うことなのです。お金を貸す側も、あなたを信じて貸してくれるのです。お金を借りる時は、よく考えて必ず返すことが可能な金額にしましょう。収入に対して、いくらまでなら返済が可能なのか。返済額があまりにも多くて、生活ができないなどとなってしまったら大変なことになります。自転車操業という言葉をご存知ですか。借金を返す為にまた借金をする。これを続けることで、どうにもならなくなってしまうことです。このような状態は絶対に避けなくてはなりません。お金を借りることになったら、くれぐれも収入と支出のバランスを考えて決めて下さい。責任ある行動をしたいですね。


フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?




公開日:
最終更新日:2016/09/17