フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

100万円借りたい(フリーローンで金利1.99%~を紹介)- 即日融資と低金利


本日にお金の用意が必要
今日中に借りたい方は
↓↓↓
即日融資のフリーローン・カードローンを特集した、こちらのページへどうぞ


↑↑↑クリック
285642

 

100万円借りたときの利息はいくら? 融資金利での比較も

100万円をフリーローン・カードローンで借りた場合、どのくらいの利息を払えばいいのでしょうか?
金利2.0%でお金を借りた場合と18.0%で借りた場合を比較して計算してみましたので、参考にしてください。

まず、貸金業法上の上限金利「実質年率18.0%」で借りた場合の利息を計算してみましょう。
100万円借りて、借入期間が1年とすると、その期間の利息は
100万円×0.18×1(年)=180,000円となります。

今度は「実質年率2.0%」で10万円借りた場合の計算です。
借入期間は同じ1年間。すると利息は
100万円×0.02×1(年)=20,000円となります。

金利の差で、利息がこんなにも違ってくる訳です。
借りる金額が大きくなればなるほど、利息支払いの差は大きくなってきます。

※返済方法によって実際の支払利息の金額は変わってきますので、
どのローンで借りる場合も、公式サイトで返済方法を必ずご確認ください。

 


金利の差からくる、利子利息の支払い金額の差はかなり大きいことがわかりますね!
↓↓↓
カードローンを金利の低い順に並べた一覧表で確認してから申し込みましょう^^

悩んだ時のカードローン選び方もアリ

↑↑↑クリック
私が金利を調べて一覧表にしましたよ!293877

 

フリーローンで100万円借りた人の話

子供が家を離れて、県外の大学に進学することになりました。しかし、その頃にちょうど主人の病気や、同居している主人の両親のための自宅の急なリフォームなどが重なって、その代金・費用をまとまった金額で払わなくてはいけなくなりました。その結果、子供の進学のために貯めておいて貯金をきり崩すことになってしまいました。

しかし、大学の入学金や授業料、下宿のための敷金や礼金、新生活のための当座の家具なども必要になるため、急遽100万円ほど必要になりました。

子供が頑張って勉強して、第一希望の大学に合格したことは本当にうれしく、家族全員で喜びました。ですので、なんとかして100万円を工面する必要がありました。

主人の親には理由があって頼めませんので、自分達でなんとかしなくてはいけませんでした。そのため、退院した主人と一緒にいろいろと考えて、フリーローンに頼ることにしました。

100万円は決して安い金額ではありませんので、できるだけ金利が安く、安心して借りることができるように、地元の信用金庫のフリーローンに申し込むことに決めました。

審査にあたっては、本人確認書類と収入証明書が必要でしたが、これらはすぐに用意できましたので、申し込む時点でとまどうことはありませんでした。あとは、審査に通るかどうかが心配でしたが、幸い、主人の勤続年数も長く、収入も安定していたためか、無事希望金額を借りることができました。

フリーローンの良いところは、希望金額を一度に融資してもらえる点にあると思います。おかげで、子供も無事に新生活を始めることができました。借りたお金は、最初は月々の返済にしていましたが、ボーナスがたまった時点で、繰上げで返済をしました。

我が家の場合、ローンを借りることを、始めから夫婦間で話し合って決めていましたので、家族にばれないように、と気をまわすこともなく、その点でも気分的に楽でした。

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?




銀行のフリーローンは利息が低い?

私たちがお金を借り入れることができる金融機関として、銀行、信販会社、消費者金融が考えられます。この中で、銀行のフリーローンは特に利息が低いというイメージがありました。ただ、グレーゾーン金利の撤廃により、消費者金融の利息も低くなっています。「銀行だから利息が低い」と一概には言えませんので、契約をする前にしっかり調べておくのが良いでしょう。

銀行と信販会社や消費者金融との違いは「限度額の設定」にあるかもしれません。銀行系の無担保フリーローンの場合は300万~1000万円程度、消費者金融の場合は200万~500万円程度のことが多いです。私たちがお金を借り入れた場合、個人信用情報にその旨が記載されますが「借入件数」があまりに多いと、新規の申し込みを受け付けてもらえなくなります。というのは「信用力が低くて、十分な融資を受けられないために、複数の借り入れを行っている人」「資金計画の立てられない、だらしない人」かもしれないと考えられてしまうためだと言われています。

銀行のフリーローンで債務の一本化を行えば、借入件数が少なくなります。また、利息の低いフリーローンに借り換えることで、返済総額を抑えることもできます。ただし「すでに他社から借り入れがある人」は、その借金をある程度返済したり、借入件数を減らしたりする工夫をしてから、銀行のフリーローンの利用を申し込むようにしましょう。利用審査に落ちたという事実がもしあれば、それも個人信用情報に記載され、その後の利用申し込みが不利になってしまうというケースもあるのです。

 

銀行のフリーローンの魅力は低い利子と手軽さ

低い利子が話題になることからも分かるように、フリーローンの魅力はその手軽さにあります。無理なく返済できる利子が設定されていて、しかも審査が厳しくありません。というよりも、ほぼ無審査でお金を借りることができます。他のローン(例えば住宅ローン)などを利用してお金を借りる場合は、収入などについてかなり厳密な審査が行われ、複数の必要書類を提出し、担保・保証人なども準備しなくてはなりません。対して、フリーローンの場合は、身元さえ証明できれば、パートやアルバイトの方でも簡単に借り入れることが可能です。

ただし、ある程度は制限もあって、収入が不安定な方(特に現在無職の場合など)については、利用が認められないケースがあるようですね。また、利用目的の決まっているローンと比較するとやや利子が割高に設定されているので、返済の総額が高額になる可能性があります。換言すれば、短期間の借り入れに適したローンだということができるでしょう。

例えば明日、あるいは一週間以内にある程度まとまったお金が必要だという場合に、他のローンでは審査を待っている余裕がありません。しかしフリーローンであれば、最短1日で審査を終えることができ、すぐにお金を借りることができます(しかも消費者金融より利子が低い)。

公開日:
最終更新日:2017/09/17