フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利息で借りたいですね

*

フリーローン金利一覧表と審査内容⇒ 1番安い低金利は銀行?

このサイトは「フリーローン 金利」で検索してきている方が一番多いので、

訪問者の皆さんのニーズにお応えするべく、まず冒頭でシンプルに
 自由に使えるフリーなローン=カードローンの金利の安い順 」を掲載してあります。

お役に立てれば幸いです^^

※ちなみに、銀行フリーローンと銀行カードローンは本来違うサービス商品です。
その辺をきちんと理解して使いたい方(申し込みたい方)は、こちらを読んでみてください。

実質金利 ローン名 限度額
年0.99 % ~ 14.79 % 住信SBIネット銀行
MRカードローン
最大1,200万円
年1.7 %~12.5 %
AU割かつ借り換えの場合のみ
じぶん銀行カードローン 最大800万円
年1.7% ~ 17.8% オリックス銀行カードローン 最高800万円
年1.8% ~ 14.6% 三菱東京UFJ銀行カードローン 最大500万円
年2.0 % ~ 14.0 %
住宅ローン利用で0.5%下げ
みずほ銀行カードローン
※個人的には私はここがイチ推しです
最大限度額
800万円
年2.1 %~17.4 %
AUユーザーのみ金利優遇
じぶん銀行カードローン 最大800万円
年3.0% ~ 18.0% モビット 最大800万円
年3.0% ~ 18.0% アコム 最大800万円
年3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カードゴールドローン 最大500万円
年4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
最大500万円
年4.5% ~ 18.0% 新生銀行レイク 最大500万円
年4.5% ~ 18.0% アイフル 最大500万円
年6.47%~15.0% セゾンのカードローン 最大300万円
年9.5% ~ 18.0% ノーローン 最大300万円
上限-年18.0% セディナカードローン 最大200万円

 

上記のカードローンから
選んで申し込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

今日借りたい方はこちら↓↓↓

即日融資も可能なフリーローン<今日中にお金を借りる必要がある方へ>

 

このサイトに来てくれた方は、安い金利で自由に使えるローンを探している方が多いと思うので、まずは上記の金利一覧表から金利の安いカードローンをピックアップしてもらったかと思います。


ただし、
単純に一覧表の上の方(最低金利が安い)を選べば良いというものではないので、
注意が必要です!
285642


金利の安さに注目するとなると必然的に、最低金利が3%台以下の

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン・プレミアムコース
  • じぶん銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • モビット
  • 三井住友カードゴールドローン

あたりが候補になる訳です。
特に目が行ってしまうのは「住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコース」ですよね。
でもこれは注意が必要。

プレミアムコースで申し込んでも、あなたのスコアリング属性(年収、職業、勤続年収、持家・賃貸などの審査項目の内容)が悪ければ「スタンダードコース」に必然と回されてしまいます。スタンダードコースの金利は年8.89%~14.79%となっていますので、低金利の魅力が一気に薄れてしまいます。

そういう意味では2番手の「じぶん銀行カードローン」も、上限金利が消費者金融の上限金利に近いので、同様の意味合いになってきます。

そこで注目すべきなのは「みずほ銀行カードローン」と「三井住友カードゴールドローン」。
「みずほ銀行カードローン」は、最低金利が低いクラスに入っているだけでなく、上限金利もトップクラスに低いです。

「三井住友カードゴールドローン」は銀行カードローンではなく消費者金融の分類になりますが、そのステイタス的な点が気にならなければ、上限金利が「みずほ銀行カードローン以上に」非常に魅力的なんですよ。

 

カードローン選びは、まかせて!
289763

という訳で、金利の安さに注目した時に
選ぶべきフリーローン・カードローンはこの3つ

rank1

まずは、みずほ銀行カードローンで申し込もう!

rank2

三井住友カード
ゴールドローン

※ 雰囲気が富裕層が風ですが、全然そんなことなく普通の方でも審査OK

rank3

住信SBIネット銀行カードローン・プレミアムコース
※ 選択の過程で厳しく言ってしまいましたが、
言及されていないカードローンに比べたら全然良いですよ^^

AUユーザーなら
じぶん銀行カードローン

※ AUユーザは金利の優遇もあるので、申し込む価値ありますね!

 

銀行と消費者金融を合わせた金利一覧表を
もう一度、確認したい方は
こちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローンを、
金利の安い順に並べたページ

 

銀行フリーローン金利と審査を徹底解説

銀行にはフリーローンという商品があります。フリーローンとはその名の通り、使い道が自由なローンですが、「カードローンとどう違うの?」と考えている人も多いのではないでしょうか?
使い道は完全に自由ですが、カードローンとフリーローンは全く異なる商品です。フリーローンを借りたほうがメリットがあることもありますし、カードローンのほうがメリットがある場合もあります。
「お金を借りたい」と考えた時に、カードローンとフリーローンの違いを理解しておかないと、自分に最適な商品を選択することができません。
この記事では、銀行フリーローンの特徴やメリット、審査基準、カードローンとの違いなどについて説明していきます。

銀行フリーローンの特徴・メリット

銀行フリーローンの特徴やメリットとして、以下の6つの点を挙げることができます。

使い道自由

フリーローンは使い道が自由なローンです。ただし、基本的にフリーローンは、申込時に銀行に申告した使い道にしか借りたお金を使用することができません。
「家電購入」と申込時に申告したのであれば、家電の見積書などの資金使途確認資料記載の金額までしかお金を借りることができません。
なお、フリーローンの中には資金使途の確認が必要ないローンもありますが、ここでは資金使途の確認が必要なフリーローンについて説明していきます。

審査回答時間が早い

フリーローンは保証会社の保証が必ず必要になるローンです。
保証会社は借りたお金がもしも返済されない際には、借主に代わって融資金の返済を銀行へ行ってくれる代位弁済という手続きを行います。
このため、保証会社の保証さえつけば銀行はほぼ確実に融資を行います。
この点はカードローンと同じ審査プロセスです。
このような保証会社の保証が必要なローンは審査の回答が早いのが特徴です。
フリーローンも審査時間の早いところでは、最短即日で審査の回答が出る場合もあります。

総量規制対象外

消費者金融カードローンも使い道自由なローンですが、消費者金融は年収の3分の1を超える借入を行うことができない総量規制対象となります。
銀行ローンは総量規制対象とならないため、年収の3分の1を超える借入も可能となっており、もちろんフリーローンも年収の3分の1を超える借入も可能です。

メリット①必要外にお金を使わない

先ほど述べたように、フリーローンは申込時に申告した使い道にしかお金を借りることができないローンです。
このため、特定の買い物をする資金しか借りることができません。
フリーローンは見積書が出ない生活費には借りることができません。何に使ったかわからない、気づかない間に借金が増えているということができないローンですので、必要以上の借金をしないというメリットがあります。

メリット②完済までのゴールが見えやすい

後述しますが、フリーローンは証書貸付という融資方法で、契約時に一括で融資金が振り込まれます。
融資実行後は契約時に定められた期日まで毎月返済していくだけになります。
そのため、返済が終了するのはいつか、あといくら借金が残っているのかということが分かりやすいという特徴があります。
ゴールが見えているので「このローンが終わったら車や住宅を購入しよう」というライフプランを立てやすいというメリットがあります。

パート・アルバイトでも利用可能な商品も

フリーローンは、カードローンと同じように、パート・アルバイトの人でも利用することができる商品もあります。
総合的に審査を行い、返済に問題ないと判断されれば低所得の人でもお金を借りることができます。
なお、商品によっては「年収200万円以上」などという縛りがついているフリーローンも存在しますので、申込基準をよく確認した上で申込を行ってください。

 

フリーローンとカードローンの違い

使い道自由なフリーローンとカードローンですが、2つのローンには違いも多くあります。

お金の使い道

フリーローンもカードローン借りたお金の使い道は完全に自由です。
しかし、先ほど述べたように、フリーローンは申込時に申告した使い道にしか借りたお金を使うことができません。
一方、カードローン申込時にも使い道を記入する欄はありますが、フリーローンのように見見積書でお金の使い道を確認することまでは行いません。
つまり、カードローンは使い道に関しては嘘を書いても分からないことになりますし、審査側も、資金使途が必ずしも真実であるとは思っていません。
使い道が自由なフリーローンとカードローンですが、特定の使い道にしか借りたお金を使えないフリーローンのほうが、使い道に融通が利かないと言えます。

融資方法

フリーローンの融資方法は契約時に一括融資です。融資後は申込時に申告した使い道へお金を支払わなければなりません。
一方、カードローンの融資方法は契約時に「○○万円まで借入可能」という枠を作り、契約後はその枠の範囲内で好きな時に好きな金額を借りるという融資方法になります。
カードローンは借りたお金についてフリーローンのように管理されないため、枠の範囲内でいつでも、どのような目的でもお金を借りることができます。

返済方法

フリーローンの返済は契約時に決めた期日までに完済できるように計算された金額を毎月返済していきます。
後述しますが、返済額は借入額と金利と期日から決まります。
一方、カードローンは、借入残高によって毎月の返済額が決まります。
例えば、100万円以下の利用で毎月15,000円、100万円超150万円以下の利用で毎月20,000円というように返済額が決定します。
カードローンの返済額は基本的に利息プラス少しの元金となるように設定されていますので、毎月決められた金額を返済する約定返済だけを行っても、借入残高はなかなか減少しません。
このため、約定返済とは別の返済で、好きな時に返したい金額を返済することができる臨時返済という返済方法も用意されています。
臨時返済を行わない限りはカードローンよりもフリーローンのほうが、借金が終了するのが早くなります。
また、カードローンの返済はローンカードを使用してATMから返済を行う方法と、口座引落で返済する方法を選択できることが一般的です。
しかし、フリーローンの返済は必ず、お金を借りた銀行からの口座引落となります。

契約方法

先ほど述べたように、フリーローンは証書貸付という融資方法で融資を行います。
証書貸付とは、借主が銀行に契約書を差し出すことによって成立する契約です。
契約書には①借入額②金利③毎月返済額④返済回数⑤最終期日⑥遅延損害金⑦連帯保証人などの契約に関する様々な情報を記入し、その内容通りに融資が行われます。
このため、証書貸付では証書を記入することが必須です。
一方、カードローンは証書貸付ではないため、カードローンによってはWEB上で契約手続きが完了するローンも存在します。
契約手続きの手間はフリーローンのほうがかかります。

カードローンよりは融資までの時間がかかる

先ほど述べたように、フリーローンは契約書への記入が必須です。契約書への記入は、窓口で行わなければならないローンもありますが、郵送やFAXなどで対応しているローンも存在します。
いずれの方法も、記入を行わなければならないため、WEB上で契約手続きを完了させることができるカードローンよりも契約手続きに時間と手間がかかります。

少額でも低金利なこともある

カードローンの金利は借入額(利用限度額)の金額が大きくなればなるほど金利が低くなっていきます。
一方、フリーローンは金額に関わらず金利は審査によって決定します。審査の結果、リスクの低い人は低い金利が適用され、リスクの高い人は高い金利が適用されます。
このため、少額融資の場合には返済できないリスクが低いと判断され、少額だからこそ低金利が適用されることもあります。
少額融資では、必ず高い金利が適用されるカードローンとこの点は大きく異なります。

融資実行後の資金管理

カードローンは一度限度額を作成したら、その後は限度額内のお金が何に使われようとも銀行は一切関知しません。
ギャンブルや風俗に使ってしまっても銀行にはわからないのです。
しかし、フリーローンは申込時に申告した使い道にしか使用することのできないローンです。
このため、融資実行後は融資金の管理を銀行が行います。
具体的な管理方法として①融資金を支払先の口座へ銀行が振り込む②支払い先の領収書を融資実行後に銀行へ提出のいずれかの方法です。
融資実行後の資金管理を行うか行わないのかという点がフリーローンとカードローンは異なります。

 

カードローンから
選んで申込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

 

金利と利息計算方法・返済シミュレーション

それでは、フリーローン返済シミュレーションの作成と、利息の計算方法はどのようになっているのでしょうか?

金利は金額によって左右されない

先ほども述べたように、フリーローンの金利は借入金額によって決定するわけではなく、審査によって決定します。このため、A社のフリーローンの金利が低いのか、B社のフリーローンの金利が低いのかという点を単純に比較することは審査の結果が出てみないとわかりません。
シミュレーションを行う際には、念のため最高金利で行っておいたほうがよいでしょう。

返済シミュレーションを作ろう

こちらのページで表をと一例を作りました→フリーローン借入後の返済シミュレーション表

利息負担の計算方法

フリーローンの利息負担を計算するのは非常に簡単です。
上記の場合には、32,267円×35回+32,251円=1,161,596円が総支払額ですので、ここから借入元金を引けば利息の負担額を求めることができます。
1,161,596円-1,000,000円=161,596円が利息負担額となります。
このような方法で、利息負担の少ないフリーローンを探してみましょう。

 

フリーローンの審査基準、必要書類

フリーローンの審査基準はカードローンとは大きく変わりません。
しかし、申告した使い道にしか使用することができないフリーローンは資金使途も審査対象となります。
また、必要書類がカードローンよりも多くなるという点も特徴です。

信用情報が重要

フリーローンの審査において最も重要な項目が信用情報です。
信用情報に自己破産や長期延滞や強制解約などの事故情報が記録されている人はフリーローンを借りることができません。
また、クレジットカードや借入金の支払状況に遅れが多い人は審査には通過できません。1年の間に3回程度の遅れが許容される範囲内です。
さらに、過去6か月以内にローンへ申込が3回以上ある人を「申込ブラック」と言いますが、申込ブラックの人も審査には通過できません。

年収と借入金額

銀行フリーローンは総量規制対象外ですが、無限に借入ができるわけではありません。銀行では、カードローンやフリーローンなどの無担保で使い道自由なローンの融資額は他のローンと併せて年収の2分の1が限度です。
このため、すでに他社からカードローンやフリーローン借入が年収の2分の1程度ある人は審査には通過できません。

他債務の本数

住宅ローン以外の借入本数が3本以上ある人を多重債務者と呼びます。多重債務者もよほどクレジットカードや借入金の支払状況が完璧でない限りは審査に通過することが非常に困難です。
このため、すでに他社からの借入が3本以上ある人も審査には通過できないと考えておいたほうがよいでしょう。

在籍確認あり

フリーローンの審査は、必ず勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認する在籍確認という審査を行います。
在籍確認は審査担当者が会社へ「○○様(申込人名)いらっしゃいますか?」と電話をかける審査です。
ここで、本人に電話が繋がるか、会社の人から「不在」とか「お休み」という言葉を得ることができれば確認完了です。
また、審査担当者が会社の人にローンについて話すことはありませんので安心してください。
なお、在籍確認は固定電話にしか行うことができません。このため、固定電話のない会社にお勤めの人は残念ながらフリーローンを借りることは不可能のです。

資金使途も審査対象になる

ここまでは、カードローンの審査基準とほぼ一緒です。
しかし、フリーローンは申込時に申告した特定の使い道にしか借りたお金を使うことができないローンですので、資金使途も審査対象になります。
明らかに身の丈に合わない買い物や、投資や投機資金を融資することはできません。
結婚資金や、家具家電購入などの人生や生活に必要な使い道のほうが審査に通過する可能性は高くなります。
一般的には、人生や生活に必要不可欠な目的のために借りたお金のほうが、返済を頑張って行う傾向にあるためです。
一方、カードローン審査において資金使途はほとんど審査対象になりません。

必要書類

フリーローンに必要な書類は以下の3つです。
①本人確認書類(運動免許証やパスポート)
②収入証明書(源泉徴収票や給与明細)
③資金使途確認資料(見積書など)
この3つの書類は必ず必要になりますので、用意しておきましょう

また、先ほども述べたように、フリーローンの返済は必ず融資を受ける銀行からの口座引落となるため、当該銀行の普通預金口座を保有していることも必要です。
口座を持っていない人は口座作成後の融資実行となるため、口座作成の時間が余分にかかってしまうことになります。

 

フリーローンと比較してカードローンを使うメリット

フリーローンは余計な借金をしなくてよい、完済までのゴールが見えやすいというメリットがありますが、それ以外の部分ではカードローンのほうにメリットが多くなります。
カードローンを使うメリットとして以下の5つを挙げることができます。

使い道完全自由

カードローンはフリーローンのように申込時に申告した使い道以外の使い道にも使用することができます。
フリーローンは見積書が出ない目的には使用することができませんが、カードローンの申込には見積書は必要ありません。
そのため、生活費や家族・知人への借金返済などにも使用することができます。
また、複数の使い道にもカードローンは使用することができます。

借りても借りなくても自由

カードローンは最初に「○○万円まで使える」という枠を作成するローンです。
枠の作成後はいつお金を借りても自由ですし、枠だけ持っておき、実際にお金を借りなくても自由です。
毎月生活費を少しずつ借りたいとか、交際費がかさみ過ぎた月だけ借りたいというような場合にも使用することが可能です。
もちろん、いざという時のために、一応契約を行っておくことも可能です。
このような使い道はフリーローンでは不可能ですので、この点はカードローンのほうが大きなメリットがあります。

返済金が少ない

先ほど述べたように、カードローンの約定返済額は元金への返済が少ない分、毎月の返済額が少なめに設定されています。
毎月必ず返済しなければならない金額が少ないという点もメリットです。
お金がある時や臨時収入が入った時には、臨時返済で多めに返済すればよいためです。

高額借入なら金利が低い

カードローンは利用限度額が大きければ大きいほど金利が下がっていきます。
カードローンによっては住宅ローン並の低金利になることも珍しくありません。
フリーローンの場合には、借入金額が大きくなれば金利が高くなることはありませんし、むしろリスクが高いと判断されて金利が高くなることもあります。
高額借入になれば必ず金利が低くなるカードローンは、高額利用を希望する人にはフリーローンよりもメリットがあります。

即日融資可能

カードローンはフリーローンよりも審査時間も契約時間も短くなっています。
銀行カードローンは即日融資に対応できなくなりましたが、消費者金融のカードローンは逆にスピード審査・即日融資が特徴です。
このため、急いでお金が必要という人には絶対にカードローンがおすすめです。
フリーローンでは即日融資はほぼ不可能と考えたほうがよいでしょう。

必要書類が少ない

カードローンで必要な書類は以下の2つです。
①本人確認書類
②収入証明書
収入証明書に関しては、借入金額や商品によっては不要なこともあります。
手元にある運転免許証などの本人確認書類だけで契約まで完了できるカードローンは契約にかかる手間や書類を用意する手間もフリーローンよりも簡素化しています。

 

フリーローンとカードローン比較&まとめ

フリーローンは何に使用しても自由ですが、申込時に申告した使い道にしか使用することができないローンで、融資実行後も申込時に申告した使い道に使用したどうかの管理が行われます。
使い道が決まっている目的にお金を借りたい人には利用価値の高いローンですが、そうでない場合や、借入額が高額になる場合にはカードローンのほうがメリットがあります。
自分がどのような目的でお金を借りたいのかをまず明確化して、見積書が出る特定の目的のためだけにお金を借りたいのであればフリーローンを、少しずつお金を借りたい人や見積書が出ない目的にお金を借りたい場合にはカードローンを選択したほうがよいでしょう。

 

カードローンから
選んで申込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

フリーローンにこだわって探したい方は、ここが低金利ですね↓
住信SBIネット銀行Mrフリーローンと住信SBIネット銀行Mr多目的ローンの比較・徹底解説

 

フリーローンには目的別フリーローンというものがあり、多目的ローンとも呼ばれます。
何に使っても自由ですが、申込時に申告した目的にしか使用できないというローンです。
多目的ローンの特徴とはどのような点なのでしょうか?

多目的ローンとは?多目的ローンの金利比較と審査内容など
・三菱東京UFJ銀行の多目的ローン
・みずほ銀行の多目的ローン
・住信SBIネット銀行のミスター多目的ローン
・ゆうちょの多目的ローン
・JAの多目的ローン
・ろうきんの多目的ローン
・オリコの多目的ローン

上記の多目的ローンを下記のページで比較しています。
http://フリーローン金利一覧.com/多目的ローン/

公開日:
最終更新日:2017/09/17