フリーローン金利一覧表!最低金利が安い<銀行と消費者ローン>比較

銀行と消費者ローンのフリーローンを低金利の順番に並べた一覧表を作りました 1番安い利子・利息で借りたいですね

*

フリーローン低金利をランキング比較!⇛1番安いのは銀行?

このサイトは「フリーローン 金利」で検索してきている方が一番多いので、

訪問者の皆さんのニーズにお応えするべく、まず冒頭で
シンプルに「 自由に使えるフリーなローン=カードローンの金利の安い順 」を掲載してあります。
文字通り低金利ランキングですね。

お役に立てれば幸いです^^

※多目的ローンについて知りたい方は、こちらの特集ページへ
(多目的ローンとは?多目的ローンの金利比較と審査内容など )

金利 年 ローン名 限度額
0.99 % ~ 14.79 % 住信SBIネット銀行
MRカードローン
最大1,200万円
1.7 %~12.5 %
AU割かつ借り換えの場合のみ
じぶん銀行カードローン 最大800万円
1.7% ~ 17.8% オリックス銀行カードローン 最高800万円
1.8% ~ 14.6% 三菱東京UFJ銀行カードローン 最大500万円
2.1 %~17.4 %
AUユーザーのみ金利優遇
じぶん銀行カードローン 最大800万円
3.0 % ~ 7.0 %
住宅ローン利用で0.5%下げ
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
※個人的には私はここがイチ推しです
最大限度額
1,000万円
3.0% ~ 18.0% モビット 最大800万円
3.0% ~ 18.0% アコム 最大800万円
3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カードゴールドローン 最大500万円
3.5% ~ 14.0%
住宅ローン利用で0.5%下げ
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
最大限度額
1,000万円
4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
最大500万円
4.5% ~ 18.0% 新生銀行レイク 最大500万円
4.5% ~ 18.0% アイフル 最大500万円
6.47%~15.0% セゾンのカードローン 最大300万円
9.5% ~ 18.0% ノーローン 最大300万円
上限18.0% セディナカードローン 最大200万円

 

上記のカードローンから
選んで申し込む方はこちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローン各社、申し込みページへ

 

今日借りたい方はこちら↓↓↓

即日融資も可能なフリーローン<今日中にお金を借りる必要がある方へ>

 

自由に随時使えるカードローンの方がオールマイティー

フリーローンは一括融資で、借りた後は返済を行うだけです。
一方カードローンは一括で枠のすべてを借りてもよいですし、枠だけ作成しておいて必要な時に必要なだけ使うという使い方もできます。

一括で借りる時には物品購入資金として利用することができますし、少しずつ借りる時にはお小遣いや生活費として使用することもできます。
さらに、非常事態用に枠だけ作成しておいて、実際にはお金を借りなければ利息は一切かかりません。

このように、どのように借りるかによって様々な目的で使用することができるためカードローンの方がオールマイティーに使用することができるというメリットがあります。

銀行フリーローンの審査ポイント!銀行カードローンの審査基準と何が違うの?より引用

 

フリーローンにこだわって探したい方は、ここが低金利ですね↓
住信SBIネット銀行Mrフリーローンと住信SBIネット銀行Mr多目的ローンの比較・徹底解説

 

このサイトに来てくれた方は、安い金利で自由に使えるローンを探している方が多いと思うので、まずは上記の金利一覧表から金利の安いローンをピックアップしてもらったかと思います。


ただし、
単純に一覧表の上の方(最低金利が安い)を選べば良いというものではないので、
注意が必要です!
285642


金利の安さに注目するとなると必然的に、最低金利が3%台以下の

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン・プレミアムコース
  • じぶん銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン・エグゼクティブプラン
  • オリックス銀行カードローン
  • モビット
  • 三井住友カードゴールドローン
  • みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン

あたりが候補になる訳です。
特に目が行ってしまうのは「住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコース」ですよね。
でもこれは注意が必要。

プレミアムコースで申し込んでも、あなたのスコアリング属性(年収、職業、勤続年収、持家・賃貸などの審査項目の内容)が悪ければ「スタンダードコース」に必然と回されてしまいます。スタンダードコースの金利は年8.89%~14.69%となっていますので、低金利の魅力が一気に薄れてしまいます。

そういう意味では2番手の「じぶん銀行カードローン」も、上限金利が消費者金融の上限金利に近いので、同様の意味合いになってきます。

そこで注目すべきなのは「みずほ銀行カードローン」「三井住友カードゴールドローン」。
「みずほ銀行カードローン・エグゼクティブプラン」は、最低金利が低いクラスに入っているだけでなく、上限金利もトップクラスに低いです。

で、もしスコアリング属性の関係で審査の結果「コンフォートプラン」に回されても、金利を見てください。前述の住信SBIネット銀行のようにはならないのがわかりますよね。

そういった意味では「三井住友カードゴールドローン」も上限金利が非常に魅力的なんですよ。

 

カードローン選びは、まかせて!
289763

という訳で、金利の安さに注目した時に
選ぶべきフリーローン・カードローンはこの3つ

rank1

みずほ銀行カードローン
※ まずはエグゼクティブプランで申し込もう!

rank2

三井住友カード
ゴールドローン

※ 雰囲気が富裕層が風ですが、全然そんなことなく普通の方でも審査OK

rank3

住信SBIネット銀行カードローン・プレミアムコース
※ 選択の過程で厳しく言ってしまいましたが、
言及されていないカードローンに比べたら全然良いですよ^^

AUユーザーなら
じぶん銀行カードローン

※ AUユーザは金利の優遇もあるので、申し込む価値ありますね!

 

銀行と消費者金融を合わせた金利一覧表を
もう一度、確認したい方は
こちら↓↓↓

銀行と消費者金融のカードローンを、
金利の安い順に並べたページ

 

 

フリーローンには目的別フリーローンというものがあり、多目的ローンとも呼ばれます。
何に使っても自由ですが、申込時に申告した目的にしか使用できないというローンです。
多目的ローンの特徴とはどのような点なのでしょうか?

多目的ローンとは?多目的ローンの金利比較と審査内容など
・三菱東京UFJ銀行の多目的ローン
・みずほ銀行の多目的ローン
・住信SBIネット銀行のミスター多目的ローン
・ゆうちょの多目的ローン
・JAの多目的ローン
・ろうきんの多目的ローン
・オリコの多目的ローン

上記の多目的ローンを下記のページで比較しています。
http://フリーローン金利一覧.com/多目的ローン/

 

これより下の当ページ目次

 

銀行フリーローンの魅力

銀行フリーローンの魅力というと、やはり金利の低さ、安い利率を挙げる方が多いのではないでしょうか。審査は消費者金融に比べて若干厳しいものの、低い利子は魅力です。もちろん、闇金のように借り入れによるリスク(違法な取立て)も生じる心配がありません。銀行のブランドに裏打ちされた質の高いプランが豊富に存在します。

用途に制限がないこともフリーローンの大きな魅力の一つです。ローンの使い道について聞かれることはありませんし、審査にも影響しません。唯一、事業への投資については禁止しているところが多いようですが、限度額もそれなりに大きいので(数百万円単位)、臨時にまとまった額のお金が必要になった場合、助かる方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンや学資ローンと比較すると、審査も甘く、手続きが容易です。基本的に担保、保証人も不要です。即日利用できる銀行フリーローンも少なくないようですね。身元確認だけは必ず行われますが、銀行からの電話であれば、借り入れの事実が無闇に他人に発覚してしまう恐れもないでしょう。この点もまた、消費者金融に勝る銀行フリーローンの魅力だといえます。ただし、いくら手軽だとはいえ、無理な借り入れは避けるように気をつけてくださいね。

 

銀行のフリーローンの選び方!利率の安い優良プランは

現在、数多くの銀行がフリーローンを提供しています。メガバンク、地銀、ネットバンク、都市銀行…それぞれに特色があって、どこを利用すべきか迷ってしまう方も多いようですね。銀行のフリーローンを選ぶ最重要ポイントは、やはり利率の安さ。特に中長期でローンを組む場合には、返済総額に大きく影響するため、できる限り利率の安いプランを選ぶ必要があります。

できるだけ早くローンを組みたい場合には、審査に要する時間も確認しておきましょう。即日で契約できるフリーローンもあれば、審査に1ヶ月以上の時間を要するケースもあります。また、利率や審査期間はローンの金額によっても変化するので、自分がどの程度の借り入れをするつもりなのか、その金額によっても利用するプランは変更した方が良いでしょう。

そしてもちろん、そのローンが無理なく返済可能なものなのかどうか、自身の収入も大きなポイントになります。返済のために生活費を削らなくてはならないような無理なローンを利用すべきではありません。ローンの利率と収入さえ把握していれば、返済計画については詳細なシミュレーションを立てることも可能。複雑な計算をする必要はないので、まずは電卓を片手に毎月の返済を考えることからはじめてみましょう。

 

ネットで利用可能!安い金利ので銀行のフリーローン

銀行のフリーローンというと安い金利でよく知られていますが、もう一つの特徴として、ネット利用が可能なサービスが多いという点が挙げられます。契約の申し込み(カードの作成)から実際の借り入れまで、自宅にいながら手続きができるわけですね。身分証明の書類など、必要な書類についてはファックスでコピーを送信すればOK。借り入れの際には、無人のATMから現金を引き出すこともできますし、指定の口座に振込みを行うことも可能です。

銀行によっては、ネットから申し込んだ方が手数料・金利がお得になるケースもあるようです。手続きはごくシンプルで、パソコンから必要事項を記入(入力)すれば、あとは上記で紹介したように必要書類を郵送、もしくはFAXするだけで完了します。

ネットから利用するもう一つの利点として「複数のフリーローンを慎重に比較できる」という点が挙げられます。即ち、ネット上であれば情報収集が容易ですし、自分ひとりでゆっくりと考えることができるわけです。「気になる点があるけどわざわざ銀行に行って聞くのは面倒…」そんな方はネット上でローンの内容を精査すると良いでしょう。

 

安い金利で申し込み!銀行のフリーローン

利子が安いことで人気を博している銀行のフリーローン。申し込みの手続きもシンプルで、少額の利用であれば収入を証明する書類なども提出する必要はありません。ただし、利用に際しては必ず「契約を結ぶ」ことになりますから、その内容についてはよく確認しておきましょう。契約して以降は、書面に記されている通りに返済を行わなくてはなりません。

通常、フリーローンに申し込む際には「勤務先」を記入しなくてはなりません。よく「勤務先に確認の電話があるのではないか」と不安を口される方がいますが、そのことが即ち「借り入れの事実が周囲に知れ渡る」という結果を招くわけではありません。「○○銀行の○○です。××さんはいらっしゃいますか?」という形で電話がかかってくるので、たとえ本人以外の人物が電話を取ったとしても、そのことで借り入れの事実が発覚することはないでしょう。

同様に、取立ての電話が勤め先にかかってくる心配もありません(返済が滞り、しかも利用者が問い合わせに応じない「悪質なケース」は例外ですが…)。世間一般のイメージとしても、消費者金融でお金を借りることと、ローンの利用では大きく印象が異なるようです。たとえ周囲にローンの利用を知られた場合であっても、人としての信頼を損ねたり、イメージダウンを招いたりする恐れはほとんどありません。その点もまた、銀行のフリーローンならではの魅力だといえるでしょう。

 

フリーローンとカードローンは似て非なるもの

自由に使えるという意味でフリーローンをお考えだったと思いますが、いわゆる銀行のフリーローンは、「使用目的は自由ですが、使用目的を決めて、それを申請して申し込むもの」になります。なので、実際には最初に決めた目的のために貸し出される金額が決まったローンということになるのです。

これに対してカードローンは、一度カードを作ってしまえば何の目的かを聞かれることもなく利用できるので、圧倒的にフリーローンより自由度が高いです。「何に使うのか絶対に秘密にしたい」ならば、カードローンの契約を結ぶ方が良いかもしれません。カードローンならば、カードを使って手にしたお金は、何に使ってもかまわないことになります。 

フリーローンの審査基準

基本的にはカードローンと変わらないのですが

フリーローンの審査基準は基本的にカードローンと変わりありません。
個人信用情報メインの審査で、そこに勤務先、年収、勤続年数と言った属性項目が加わりスコアリングを行い融資の可否を決定します。
この流れは基本的にカードローンと同じです。
ただ、金利の低い目的別フリーローンの場合はカードローンよりも高い審査の基準が設けられているため、カードローン審査に通過できない人は目的別フリーローンの審査には一般的に通過できません。

収入証明はカードローンよりも提出ハードルが高い

フリーローンは収入証明書の提出が融資金額にかかわらず必要になる場合が多いです。
銀行は疎明資料がない情報については審査の際にそれほど重視しません。
カードローンは300万円以内は収入証明不要という商品が多いですが、このような商品では収入はそれほど重視していません。
一方、収入証明書が必要になることが多いフリーローンですが、これは「収入も審査の際に重要な材料になる」ということです。
収入証明書が必要になるフリーローンの場合にはカードローン審査よりも精緻で厳しい審査が行われると考えた方がよいでしょう。

実は資金使途も審査の材料になる

フリーローンは資金使途確認資料の提出が必要になる目的別フリーローンも、提出の必要のないフリーローンも資金使途が審査の際に重要な審査項目となります。
カードローン申込の際にもお金の使い道を申告する欄がありますが、これはほとんど審査の際には材料にされません。
なぜなら、カードローンは借入と返済を繰り返せば何にでも使用することができてしまうため、特定の使い道には使われないことが当たり前の商品だからです。
一方、フリーローンは融資を一括で行うため、その使い道に本当の必要なだけの金額かどうかが審査の際には重要になります。
例えば10万円程度の高級バッグの購入資金と申告して、100万円を申し込んでも「そんなに必要ないでしょ?」と思われて減額回答になってしまうということも少なくありません。

「銀行フリーローンの審査ポイント!銀行カードローンの審査基準と何が違うの?」より引用

 

安い金利と銀行のフリーローン!審査は?

銀行のローンについては、審査が厳しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。住宅ローンを申し込んで断られたとか、ローンが組めずに事業が傾いたとか、ローンにまつわる苦労話もしばしば耳にします。そして事実として、長引く不況の影響もあって、銀行はローンについて厳しい審査を課しているケースが少なくありません。

そんな中比較的容易に利用できるローンとして、銀行のフリーローンが人気を集めています。消費者金融とさほど変わらないレベルでの審査になっていますね。例えば、正社員で安定した収入が見込めるとしても、勤務期間が短過ぎる(1年以内)場合には、審査に落ちる可能性があります。また、申し込む際に虚偽の記載などをしてしまうと、金融機関から警戒されてしまい、やはり審査をクリアすることは厳しくなります。

金融機関は個人の信用情報というものを所有していて、利用者の収入、財産、勤務状況、他の金融サービスの利用履歴などを把握しています。これらの情報から総合的に判断して、返済が滞る危険性がある人物については、ローンの利用を断るわけですね。安い金利が魅力のフリーローン。審査に受かるためのポイントは押さえておきましょう。

 

銀行のフリーローンと低い利率と注意点

銀行のフリーローンと言えば低い利率で知られていますが、だからこそ注意が必要な点も挙げられます。利率が低いがゆえについ借り過ぎてしまう、返済計画が曖昧なままにサービスを利用してしまう方が少なくないのです。

銀行のフリーローンは他のローンと比べて審査も甘いので、そのこともまた、無計画な利用を助長してしまうのかもしれません。返済の見込みがないままに、例えば、生活費をローンに頼るようなことは控えてください。用途が自由だとは言っても、フリーローンは本来、急にお金が必要になった場合の臨時措置として利用するためのものです。

もちろん、低い利率や審査が通りやすいという点は、そのままフリーローンの利点としても捉えることができます。だからこそ利用する方が多いのも事実です。要は利用者の姿勢の問題であり、サービス自体に問題があるわけではありません。事実、消費者金融のキャッシングサービスとは異なり、違法な金利による貸付も行われていませんし、安全性には定評があります。特に短期の利用について言えば、金融サービスとして使い勝手の良い点がたくさんあります(収入の多寡に関わらず利用できる点、サービスの信頼性の高さなど)。

 

人気の銀行のフリーローン!利息が低いのはなぜ?

利子が低いことで人気を集めている銀行のフリーローン。では、なぜ低金利を実現できているのでしょうか。実は、「利子が低い」というのは、消費者金融と比較した場合の話で、フリーローンは銀行にとっては高利なサービスの一つ。事実、教育や住宅関係のローンと比較してみれば、金利はやや割高に設定されています。また、フリーローンを利用する方は短期間で返済を行うケースが多いため、銀行にとっては利回りの良いサービスとなるわけですね。

さらに、ネットバンクの普及もフリーローンの低金利に一役買っています。ネットバンクのシステムを全国規模で運用することにより、人件費を削減し、その分を低金利、手数料の値下げという形で利用者に還元するのが、最近人気のビジネスモデルとなっています。こうして見ると、利用者、銀行の双方にメリットの生じる仕組みだということが分かります。

銀行のローンについては、一般に「審査が厳しい」というイメージをお持ちの方も多いようです。しかし、フリーローンはその限りではなく、即日利用可能なプランも少なくありません。ただ、消費者金融によっては無利息期間を設けているところもあるので、ごく短期間の借り入れであれば、フリーローンよりお得なケースも存在します。各サービスの特徴はあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

銀行のフリーローンの魅力は低い利子と手軽さ

低い利子が話題になることからも分かるように、フリーローンの魅力はその手軽さにあります。無理なく返済できる利子が設定されていて、しかも審査が厳しくありません。というよりも、ほぼ無審査でお金を借りることができます。他のローン(例えば住宅ローン)などを利用してお金を借りる場合は、収入などについてかなり厳密な審査が行われ、複数の必要書類を提出し、担保・保証人なども準備しなくてはなりません。対して、フリーローンの場合は、身元さえ証明できれば、パートやアルバイトの方でも簡単に借り入れることが可能です。

ただし、ある程度は制限もあって、収入が不安定な方(特に現在無職の場合など)については、利用が認められないケースがあるようですね。また、利用目的の決まっているローンと比較するとやや利子が割高に設定されているので、返済の総額が高額になる可能性があります。換言すれば、短期間の借り入れに適したローンだということができるでしょう。

例えば明日、あるいは一週間以内にある程度まとまったお金が必要だという場合に、他のローンでは審査を待っている余裕がありません。しかしフリーローンであれば、最短1日で審査を終えることができ、すぐにお金を借りることができます(しかも消費者金融より利子が低い)。

 

地銀のフリーローンの注意点

地方銀行は地域密着型の営業をしているため、顧客の一人一人に丁寧に接してくれるというイメージがありますよね。特に地銀の場合、各銀行によってプランに特色がありますから、十分に内容を確認したうえで利用するようにしてください。また、地銀のフリーローンは全国規模で展開されているサービスと比較して、審査が長くなる傾向があります。よって、審査開始後に入金されるまで一定の期間を要する場合があるため、すぐにお金を借りたいという方には不向きかもしれません。

一方で、地銀にはメリットもあります。最大の利点は、金利の安いケースが多いということ。メガバンクのローンよりも低金利で借り入れのできる地銀は少なくありません。上記の点を踏まえるなら、「審査は厳しいが金利は安い」点が地銀ならではの特徴だといえるでしょう。

「大手の銀行と比べて経営が不安定なのでは?」というような声も耳にしますが、必ずしもそうとは限りません。地域の経済に精通し、堅実な銀行も多く、サービスの質自体もメガバンクと遜色のない地銀は少なくないようです。かえって郊外や農村部では、地銀の方がネットワークの充実している地方も多いといわれています。お住まいの地域の状況なども加味して、ローンの利用先は慎重に選ぶことを心がけてください。
「 各都道府県の地方銀行フリーローン 」特集ページへ

公開日:
最終更新日:2017/05/19